2018年07月12日

第20回柳波賞、作品募集

 今年も柳波賞の作品募集が始まりました。今年で20回目。僕は最初から審査員をしているので、もう20年もこの賞に携わってきたことになります。岸田衿子さん、中川李枝子さんの3人で審査を始めた賞ですが、2008年には岸田衿子さんが体調を崩されて降板し、2013年には中川李枝子さんも高齢を理由に降板。その後、元土屋文明記念館館長の岡田芳保さんと女優の黒木瞳さんが加わり現在に至っています。審査員が変わっても選考が滞ることなく、応募数も毎年増え続けているのはありがたいことです。この賞を通してすぐれた童謡詩人が誕生することを願っています。
 締め切りは9月7日(金)。皆さん、どしどしご応募ください。
 応募要項は下記主催者のホームページをご覧ください。

 http://www.city.numata.gunma.jp/kyouiku/shakai/1006425/1003937.html

 西日本の豪雨では、今も死者や行方不明者が増え続けていて心が痛みます。
 そんな中、被災地の市長が市内の避難所に設置された簡易ベッドに寝ころびVサインをしたということで物議を醸しています。本人は「不適切ではない」として反省の色なし。これだけの被害が出て、自分の市でも死者が出ているというのに、笑ってVサインとは、そのあまりの無神経さにあいた口がふさがりません。世の中には周囲の状況が見えない困った人たちがいるものです。
 報じられた記事。↓

 https://news.goo.ne.jp/article/sanyo/region/sanyo-107617488.html

posted by 高階杞一 at 11:10| Comment(0) |

2018年07月09日

ガーネット85号詳細

 ガーネット最新号の詳細(目次)を作成しました。ホームページの「ガーネットの最新号」をご覧ください。
   http://tkiichi.sakura.ne.jp/page003.html

 購読ご希望の方は同じく「ガーネットの入手方法」の欄をご覧ください。
   http://tkiichi.sakura.ne.jp/page006.html

 長く降り続いていた雨もやっと止み、今日は青空が広がっています。
 こちらは山の上なので雨による被害はなかったけれど、各地でかなりの被害が出ているようです。テレビなどで何十年に一度の豪雨などと言っていますが、この「何十年に一度」の自然災害がここ数年毎年のように起こっているような気がします。地震、竜巻、噴火、豪雨……。自然を破壊し続ける人間の所業に対して、自然が怒っているように思えます。

posted by 高階杞一 at 12:12| Comment(0) | 日記

2018年07月06日

豪雨で中止

 一昨日から雨が降り続いています。今朝は少し小降りになったけれど、昨日は怖いくらいの土砂降りでした。朝から何度も緊急速報メールが携帯に鳴り響き、そのたびにびっくり。
 昨日はびーぐるの編集会議が夜の7時半から行われる予定でした。お昼前、電車は大丈夫かなと、ネットで交通情報を調べると、最寄りの路線をはじめとして、JRのほとんどで運休や遅延が出ています。これでは出かけるのは無理だなと思い、山田さんに連絡し、中止を決定。細見さんにもその旨伝えました。その後も激しい雨が降り続き、夕方にはJRの最寄りの路線は完全に運休。早めに中止を決めてよかったと思ったことでした。
 夜の11時前には住んでいる地区にも避難準備が発令されたという速報メールが届きました。ここは山の上にあるので大丈夫だけれど、下の川沿いに住んでいる人たちは不安だろうなと思いつつ、降り続く雨の音を聞いていました。
 この豪雨によって各地で被害が出ているのではなかろうか。
 今、午前10時50分。また雨の音が激しくなってきました。

posted by 高階杞一 at 10:55| Comment(0) | びーぐる

2018年07月03日

空とぶキリン社詩集、打ち合わせ完了。

 今日は大学へ行く前に印刷所により、空とぶキリン社詩集の用紙等の打ち合わせをしてきました。20分ほどで完了。予定通り今月末には発行できることになりました。これでまたひとつ肩の荷が下りました。

 大学にはいつもより1時間ほど早く到着。溜まっていた書類の整理などをしているうちに時間が過ぎました。
 授業をしていると眠り出すものがチラホラ。どうやら昨日の深夜(今朝)にはじまったW杯ベルギー戦を見ていた者が多くいたようです。寛大な教師であるわたくしは、そのままゆっくりと寝させてあげました。僕だって見たかったのに、と心の中で呟きながら。

 帰りの電車で学生数人といっしょになり、坐って賑やかにおしゃべりをしていると、目の前に小さなこどもを二人連れたお父さんが立ちました。すると隣に坐っていた女の子2人がすぐに起ち上がり席を譲りました。今の若者はシルバーシートに平気で坐り、老人が目の前に立ってもスマホをいじったりして席を譲ろうともしない者が多いのに、わが学生はえらい、と感心したことでした。

posted by 高階杞一 at 23:29| Comment(0) | 空とぶキリン社

2018年06月30日

ガーネット85号、発刊! でもミスが……

 午前中にガーネットの最新号(85号)ができあがってきました。
 さて、今回、表紙の配色はどうかなと、箱をあけて、びっくり!
 こちらが指定したバック(地)の色と絵の色がまったく逆になっていたのでした。
 印刷所のミスなので、本来なら刷り直しをしてもらうところですが、逆の配色でもそれなりにいい感じなので今回はこのまま受け取ることにしました。それにしても最近、この印刷所ではミスが続いています。どうしたんだろう? 職人の劣化?

 配色のミスには目をつむり、発送作業を開始。用意していた封筒に詰めて、1時間半ほどで終わりました。午後には集荷に来てもらって、発送も完了。台湾在住の高木敏次分と合わせて187部。7月3日(火)までには読者のお手元に届くと思います。
 今号の自分の詩は2篇。どちらも海を背景にしたもので、それぞれ独立した作品ですが、連作のようにもなっています。そして、ちょっと切ない詩になりました。
 ガーネット・タイムのタイトルは「庭を守る」。身の回りの、「それはやりすぎじゃない?」というような事柄について書いています。
 いずれもお楽しみに!
 詳細についてはまた後日記します。まずは発刊のお知らせまで。

ガ85 表紙.jpg

posted by 高階杞一 at 17:04| Comment(0) | ガーネット