2019年01月11日

伊藤重夫『ダイヤモンド・因数猫分解』

 漫画家の伊藤重夫さんから新刊を頂いた。書名は『ダイヤモンド・因数猫分解』(アイスクリーム ガーデン 2018年11月刊)。前作の『踊るミシン』が出たのが1986年だから実に32年振りの新刊である。そしてその前の第1作品集『チョコレート・スフィンクス考』が1983年。単行本はたったのこれだけ。だから今回の新刊が3冊目と言うことになる。氏の作品を愛してやまない人たちが2017年に『踊るミシン』の復刊プロジェクトを立ち上げ、同年に復刊を果たし、その延長で今回の本も刊行された。
 伊藤さんとは当時2度ほど会っている。出会いのきっかけは何だったのか今でははっきりとしないが、たぶん伊藤さんと親しかった知人の誰かから『チョコレート・スフィンクス考』をもらって読んだのがきっかけではなかったかと思う。この本は発行が「跋折羅社」となっているが、実質は私家版に近いものなので、書店でたまたま見つけて買ったとは思えない。
 何はともあれこの『チョコレート・スフィンクス考』を読み、大いに感銘し、自分の同人誌に紹介したりもした。1984年5月に五月女素夫(そとめ・そふ)と始めた同人誌「スフィンクス考」は伊藤さんの許可を得て名付けたものだった。
 今回の『ダイヤモンド・因数猫分解』には『チョコレート・スフィンクス考』の「『塔をめぐって』より」などがリミックスされて収められている。
 氏の漫画に感銘したのは何よりそこに詩が感じられたからだった。例えば次のようなフレーズ。

 私の右のポケットに
 世界をしのばせている
 正確に言うと
 銀河系宇宙
 この前私が盗んだものだ
 右手に力を入れると
 銀河は消えてしまう
 消滅するのだ

 私は海へ行き
 それを力いっぱいに投げた
 キラリともせず
 海の底に沈んでいったあと
 再び元の場所に
 もどっていった。

 時間がたてば
 星は顔を出す
 そして前よりも
 強く輝きを
 ましているだろう

 私が持っている間
 大切にして
 毎日みがいて
 いたんだから

 このフレーズは表題作とも言える「チョコレート・スフィンクス・アゲイン」の中で、主人公の女の子の心の声として綴られている。そしてこの作品の続きが長編『踊るミシン』となり、さらに新刊の中の短編「ママレードのプリンセス」にもつながっている。
 ユーモアと少しの倦怠感、そして乾いた抒情。それが伊藤重夫作品の魅力と言える。

 氏は現在、漫画から離れ、絵本や本の挿画家として活躍しているが、もう一度漫画を書いてもらえたらと願う。
 最後に会ってから30年以上経つ。2年ほど前、ひょんなことから知人である某出版社の社主が氏と親しいと分かり、3人で会おうかという話になったが、その時は氏が体調を崩していて実現しなかった。今回の出版を機に会う機会が訪れるかもしれない。その日を楽しみに待ちたい。
 
伊藤重夫「ダイヤモンド」.jpg

『ダイヤモンド・因数猫分解』

伊藤重夫「踊るミシン」.jpg

『踊るミシン』

伊藤重夫「チョコレート・スフィンクス考」.jpg

『チョコレート・スフィンクス考』

posted by 高階杞一 at 16:42| Comment(0) | 日記

2019年01月09日

びーぐる編集会議&初積雪

 一昨日(7日)はびーぐるの編集会議がありました。いつもの山田、細見に加えてDTPの若い夫妻も参加して、梅田の居酒屋で3時間弱ほど。編集会議の主な議題は次々号の特集について。提案されている内容について若干修正を加えることにして終了。後は楽しく新年会です。いろんな話題が出ましたが、ほぼ忘れています。情けない(>.<)。確か車の免許を取りに行く話で盛り上がっていたような……。

 今朝起きたら雪が積もっていました。この冬最初の積雪です。家人によると、早朝は吹雪いていたとのこと。こちらが起きた時間にはもう降り止んで、積もった雪も解けかかっているようでした。いずれにしても初積雪。ワンコたちも喜んで庭を駆け回っていました。

 昨日は大学の新年最初の授業。年明け早々で休んでいる学生たちが多いかなと思っていたけれど、いつもと同じぐらいの出席率。なかなか優秀です。
 始まったばかりですが、来週で後期も終了。後は長い春休みに入ります。

初積雪 コッコ004.JPG

雪の上で遊ぶコッコ

posted by 高階杞一 at 12:35| Comment(0) | びーぐる

2019年01月06日

映画三昧の年末年始

 例年のごとく年末年始にたくさんの映画を観ました。映画館ではなくビデオでですが。
 全部で9本。よかった順に挙げていきます。

1.オーケストラ 公開2010年(以下同)仏
2.メルー 2016年 米
3.僕のワンダフル・ライフ 2017年 米
4.最高の人生の見つけ方 2007年 米
5.横道世之介 2013年 日本
6.帰ってきたヒトラー 2015年 独
7.大空港 2013 2013年 日本
8.ルーム 2016年 カナダ・アイルランド・英・米
9.沈黙 2016年 米

「オーケストラ」はある事件で全員解雇されたロシアの元交響楽団員たちが30年振りに集まり、交響楽団の名前を偽りフランスで演奏会を開くというストーリー。全体にコメディタッチで描かれているけれど、最後15分ほどの演奏シーンは感動しました。あまり話題にならなかった映画だけれど、お薦めです。

 https://www.youtube.com/watch?v=jyxtWUsvBBM

「メルー」は30年間誰も成功していないヒマラヤ・メルー中央峰に臨む3人の登山家の姿を描いたドキュメンタリー映画。いったいどのようにして撮ったのだろうと思わせるような迫力があり、何より映像が美しい。これもお薦めです。

 http://meru-movie.jp/

「僕のワンダフル・ライフ」は愛犬が何度も生まれ変わり、最後に元の飼い主のところに戻っていくという物語。映画の出来としてはそれほどよくないかもしれないけれど、犬好きには感涙必至。

 https://eiga.com/movie/86388/video/

「最高の人生の見つけ方」は癌で余命半年ほどと宣告された二人の老人が死ぬ前にしたいことをリストにして、それを実現していく物語。ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマン2大スターの共演で、全編に笑いがあふれていて、なかなかの良作でした。

 https://www.youtube.com/watch?v=4uew0NQ1YVg

 長くなるので紹介をこれくらいにします。

 明日は七草の節句ですが、出かける予定があるので一日早く七草粥を食べました。お餅や御馳走でもたれたお腹が癒されました。でもちょっと食べ過ぎたかな。

posted by 高階杞一 at 23:27| Comment(0) | 日記

2019年01月03日

初詣

 あけましておめでとうございます。皆様にはよい新年を迎えられたことと思います。
 こちらは例年通り、元日は茨木市の実家に行き、今日は近場の塩田八幡宮へ初詣に行って来ました。薄曇りで、雨も少しちらつく空模様でしたが、境内は参拝者で賑わっていました。
 帰りはこれも例年通り参道をそれて、すぐ隣にある霊園(三田メモリアルパーク)に行きました。大きな観音様が真ん中にそびえ立つ広い霊園です。人の姿はほとんどなく、ここでワンコたちをパチリ。ふたりともいい笑顔の写真が撮れました。

 ワンコたちも人間も、笑顔で1年が過ごせますように。そんなお願いをして帰ってきました。

初詣2019 参道004.JPG

塩田八幡宮 参道

初詣2019 本殿006.JPG

本殿

初詣2019 ホッピー&コッコ016.JPG

三田メモリアルパークで、ホッピー(右)&コッコ(左)

posted by 高階杞一 at 15:39| Comment(0) | 日記

2018年12月31日

1年の終わりに

 今年もあと7時間ほどで終わり。
 国内外を含めて、今年もいいニュースより悪いニュースの方が多かったような気がします。と、去年も書いています。いいニュースもあったのだろうけど、悪いニュースの方が記憶に強く残るようです。
 国内では地震と豪雨による被害が多かった年でした。大阪北部地震、北海道地震。西日本での豪雨による甚大な被害など。これだけ続くと、日本列島、大丈夫かと思えてきます。

 個人的には夏に熱中症でダウンし、救急車で運ばれたりもして、もうひとつさえない年でした。
 仕事の方でもこれと言って成果なし。来年は詩集を1冊ぐらい出せたらと思っていますが、さてどうなるか。

 今日は昼に日帰り温泉に行ってきました。1年の垢を落としてスッキリ。
 この後はもう何もすることなし。お酒を飲みつつ、紅白でも見ながら自宅で新年を迎えるつもりです。
 皆さまもどうぞよい年をお迎えください。

posted by 高階杞一 at 17:12| Comment(0) | 日記