2018年10月19日

柳波賞選考会と大井川鐵道の旅

 16日(火)に柳波賞の選考会がありました。場所は去年と同様に東京・銀座。午後3時から始まり、5時過ぎに終了。今回は一般の部、小中学生の部ともに選ぶのに苦労しましたが何とか無事に終えることができました。
 終了後、銀座から新宿へ。地下鉄で丸ノ内線に乗るべきところ銀座線に乗ってしまい、1駅逆戻り。東京の地下鉄はややこしい(汗)。
 新宿では7時から東京の知人たちと恒例の飲み会。今回の参加者は10名と、例年より多め。詩人のほか、歌人、作曲家、出版関係者と顔ぶれは多彩。さまざまな話が出て、10時過ぎまで大いに盛り上がりました。

 翌日は朝早く起き、大井川鐵道の旅へ。一人旅なんて、こどもが亡くなってから30年振りぐらいです。
 まずは静岡県・金谷駅から大井川本線の終点・千頭(せんず)駅へ。この車窓の風景を楽しみにしていたのですが、なんとこの日の朝、線路に倒木があったとかで、途中からバスの代行運転に。これはちょっと残念でした。
 何はともあれ、千頭駅に到着し、ここからバスで寸又峡温泉へ。約40分の道のり。山の中にあり、旅館も5軒ほど。ひなびた感じの、いい温泉街です。
 と、ここまで順調なように書きましたが、実はこの日の朝にトラブルがありました。少し下痢気味だったので、起きてすぐ正露丸を飲んだところ、それが喉に詰まり、そこからが大変。いっこうに詰まりが取れず、ゲーゲーと吐き気がするのを抑えつつ、ホテルを出発したのでした。大井川鐵道でもバスの中でもスーパーの袋に顔を突っこみ、ゲーゲー。周囲の人は不気味がっていたかもしれません。
 そんな喉の詰まりが取れたのは、詰まってから9時間後の午後3時半過ぎ。ちょうど寸又峡温泉の観光スポット・夢の吊橋を渡り終えたときでした。仔犬を抱いて渡り終えた人に話しかけたとき、すとんと詰まりが落ちて、ホッとしました。それにしてもこんなに長い時間詰まりが取れなかったのは、数ヶ月前の7時間以来です。よほど注意をしなければいけないと、その日の宿の夕食も、おいしそうなものがたくさん出ていましたが、詰まりそうなものは避けて、ビクビクしながらの食事になりました。
 泊まった宿は光(てかり)山荘という旅館。本館の向かいに別東で温泉施設があり、露天風呂はないですが、ひなびたいい感じの温泉でした。看板には「美女づくりの湯」と書かれていました。男には効果がないのかな?

 光山荘 http://tekarisanso.jp/index.html
 寸又峡温泉 https://www.surugawan.net/guide/41.html

 翌日は大井川鐵道の井川線の旅。これが今回の旅のいちばんの目的でした。5両ほどの列車が山の奥へ向かってどんどん登っていきます。途中、急坂になる手前でアプト式と呼ばれる機関車を連結します。天気も良くて、沿線の風景は最高でした。紅葉シーズンなどは混み合うほどとのことですが、オフシーズンの今回、どこも空いていて、復路の列車など、車両に誰も乗っていなくて、貸し切り状態でした。

 大井川鐵道 http://oigawa-railway.co.jp/

 喉の詰まりで苦しんだものの、後半は楽しい旅になりました。

柳波賞選考会後の飲み会.JPG

新宿での飲み会

夢の吊橋入り口.JPG

夢の吊橋・入り口

夢の吊橋・正面から.JPG

夢の吊橋・正面から

夢の吊橋・構造.JPG

夢の吊橋・構造

光山荘・夕食.JPG

宿の夕食

奥泉駅より乗る列車.JPG

井川線の列車

アプト式機関車の連結.JPG

後方がアプト式の機関車

連結作業.JPG

連結作業。

奥大井湖上駅.JPG

奥大井湖上駅。これではよく分からないので、次のサイトを見てください。

 奥大井湖上駅 http://oigawa-railway.co.jp/okuohi2017

赤い吊り橋.JPG

沿線各所の吊橋

沿線の茶畑.JPG

沿線の茶畑

posted by 高階杞一 at 13:03| Comment(0) |

2018年10月15日

不気味な迷惑メール

 最近、不気味な迷惑メールがときどき届く。内容はメールボックスをハッキングしたのでビットコインを指定の口座に払えというもの。こういうのは詐欺メールに決まっているから、無視すればいいだけのことなんだけど、今日届いたメールは、差出人が自分のアドレスになっている。メールの本文にも「(あなたはこの手紙をあなたから受け取った)」と書いてある。こんなことができるのかと驚く(そんなソフトがあるのだろうか?)。僕の場合、ホームページにアドレスを載せているので、それを機械的に利用されたのかもしれない。それにしても自分のアドレスを使って無差別に他人に送られたらと怖くなる。もしも僕のアドレスで変なメールが届いたら無視してくださいね。

 この詐欺メール、日本語が変なので、たぶん外国人が翻訳ソフトを使って日本語に変換してるのだろうと思われる。一部を挙げると、
「私はあなたが時折訪れる親密なコンテンツサイトに最も襲われました。あなたは非常に野生の想像力を持っている、私はあなたに言う!」
という具合。
 変な日本語も、次のようなのはちょっとおもしろい。
 「何てことだ! あなたはとても面白くて揺らめいています!」
 これなんか詩に使えるかも(なんて言ってる場合じゃないけど)。

 ネットで調べると、同様のメールが拡散していることが分かった。参考に2つほどその記事を挙げます。

 https://blogs.yahoo.co.jp/fireflyframer/35170751.html
 https://support.eonet.jp/news/698/
 
 皆さんも同様のメールが来たら、決して返信したりしないようご注意ください。

posted by 高階杞一 at 11:35| Comment(0) | 日記

2018年10月13日

ガーネット編集中

 目下、ガーネットの編集に集中しています。とりあえず同人の校正ゲラは仕上げ、返送期限は18日(木)。その間に自分の原稿に取り組んでいますが、連載の「詩集から」に想定以上の時間を取られました。90冊近い寄贈本に目を通すのはかなり疲れます。それでも何とか仕上げ、あとは散文2つと詩を2つほど。散文はともかく、詩にはまた時間を取られそうです。
 来週は柳波賞の選考会のために上京します。その間作業が中断するので、スケジュール的にはかなり厳しい。発行予定は11月1日ですが、少し遅れそうな気配です。何とか最小限の遅れに食い止めたいと思っていますが……。

 昨日からかなり寒くなってきました。昨夜はあまりの寒さにたまらず、仕舞っていたガスファンヒーターを出してきてつけました。今朝もエアコンの暖房をつけ、これを書いています。さわやかな秋が来ないままに過ぎ、いっきに冬が来たような感じです。
 カラッと晴れた青空が見たいなあ。

posted by 高階杞一 at 11:29| Comment(0) | ガーネット

2018年10月06日

びーぐる編集会議

 昨日はびーぐるの編集会議がありました。場所はいつもの大阪市内の居酒屋。店には既に山田・細見の両名が揃っていたので、すぐさま会議(という名の飲み会)を開始。次号(41号)の話を少しだけした後、次々号の特集の話へ。これは企画書を事前に渡しているので、大きな軌道修正はなく、誰に依頼するかなどを話し合いました。現代詩の領域から少し外れた特集なので、執筆者の選定が難しいところですが、編集同人4人が知恵を絞れば何とかなるのではないかと思っています。依頼が届いた方は、執筆の方、よろしくお願いします。
 編集の話のあとはいつものようにあれこれと雑談。珍しい藁焼きのカツオなど食べ、お酒の量もついつい増えてしまいました。2時間ほどでお開きにして、帰宅は9時過ぎ。そのあと少しだけ仮眠するつもりが、2時間ほど寝てしまい、起きたら11時半過ぎ。それから1時間ほど仕事をして、そのあとはまた寝酒を少しばかり。うーん、ちょっと飲み過ぎ。我ながら困ったもんです。
 今朝は天気予報が外れて雨模様。台風は近づいているのかな?

posted by 高階杞一 at 11:39| Comment(0) | びーぐる

2018年09月30日

びーぐる次々号特集案作成

 びーぐる次々号(42号)の特集について、どういうテーマにするかこの3日ほど考えていました。編集同人が4人で、季刊なので、年に1回担当が回ってきます。40号も超えると、だんだんネタがなくなってきて、テーマ探しに苦労します。今回も最初に思いついた案が以前にやった特集と内容的にダブるため、却下。そうしてあれこれ考えた末、やっと一昨日テーマが決まり、内容を詰めて、先ほど企画案を編集同人に送りました。これでちょっと一息。
 まだ内容は明かせませんが、現代詩の雑誌ではあまり取り上げないテーマなので、けっこうおもしろい特集になるのではないかと思っています。乞うご期待。

 台風接近中と言うことで、今朝は風雨で大荒れかと思っていたら、今のところ風も雨もなく、ごく普通の曇り日。台風はどこかに行ったのかな? このまま荒れずに過ぎてくれたらいいのだけれど。

posted by 高階杞一 at 13:03| Comment(0) | びーぐる