2015年09月13日

中日新聞・東京新聞・読売新聞・神戸新聞

 9月11日(金)付けの中日新聞及び東京新聞の朝刊1面コラムに『水の町』の中の「長い雨」が引用されました(内容はどちらも同じ)。先日の中国新聞ではシリア難民のこどもの悲劇が「早く家へ帰りたい」に絡めて書かれていましたが、今回は先日の堤防決壊による水害に絡めて書かれています。

 http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/hissen/CK2015091102000123.html

 読売新聞の書評欄(9月6日付)と神戸新聞の詩集時評欄(8月25日付)にはハルキ文庫が取り上げられています。前者は記者による紹介で、後者は細見和之さんによる紹介。お二人に感謝。

 仕事の方は15日締め切りの詩に取り組んでいますが、まだできません。だいたいはできているのですが、推敲の段階で難渋しています。かなり変な詩で、推敲するたび大きく中身が変わり、どう収めたらいいのか頭を抱えているところです。でも期限は後2日。明日中に何とか仕上げられたらいいのですが。

 この3日ほど、秋晴れのさわやかな天気が続いています。
 『水の町』は雨の詩が多いけれど、次のように始まる詩も収められています。
 「九月になれば/夏の楽しかったことを/庭に/いっぱい植える//時が過ぎ/いつか/君のいたことさえ忘れてしまう/そんな日が来たとしても…」
 ハルキ文庫の最後もこの詩で終わっています。

読売新聞 ハルキ文庫 書評 (1024x604).jpg


神戸新聞(細見)ハルキ文庫(文校) 2015.8.25.jpg

posted by 高階杞一 at 12:50| Comment(0) |