2015年10月30日

藤本義一文学賞、受賞!

 と言っても、僕が受賞したわけではなく、受賞したのは家人兼「空とぶキリン・ネット書店」店長の笹野裕子。
 1ヶ月半ほど前に事務局から受賞の知らせがあった時、たまたま僕が電話を受けたのですが、裕子さんご在宅ですか?と言われ、階下にいた家人に電話の内容と伝えると、階段を駆け上がってきました。その時、階段に足をぶつけたようです。よほど慌てていたんでしょうね(笑)。電話の後、おめでとうと言うと、すごくうれしそうでした。それにしても、こんな賞に応募しているなんてまったく知りませんでした。いつの間に小説なんて書いていたのか、それも意外でした。応募規定が、原稿用紙30枚までの短編小説ということだったので、それほど時間がなくても書けたのかもしれません。
 今回の賞は最優秀賞ではなく、2番目の優秀賞ですが、それでも応募総数1003篇の中の3篇(優秀賞が2名)に選ばれたのですからたいしたものです。笹野は詩で「詩学の新人」に選ばれたり、詩集を1冊(『今年の夏』)出したりしていますが、元々大阪文学学校では小説のクラスに在籍していました。ですので今回の受賞の素地はあったと言えます。
 今日が授賞式。会場は大阪・中之島にあるリーガロイヤルホテル。出かける前は初の晴れがましい舞台でもあり、また見知らぬ人ばかりであるためか、多少不安げな様子でしたが、帰ってきた時はそんな表情も消え、うれしそうでした。
 もっと早くこのブログでお知らせしたかったのですが、今日の授賞式までは内密にということで書けませんでした。授賞式の日が報道発表の日というのもこうした文学賞では珍しいことです。
 何はともあれ、この賞を契機に、もっと書いてほしいものです。本人もやる気満々です(笑)。そのうち芥川賞や直木賞を取るかも?
 今日の授賞式ではロックシンガーの内田裕也さんも来ていて、少し話もしたようです。その写真をご覧ください(左手前は藤本義一夫人の藤本統紀子さん)。

藤本義一文学賞 (640x480).jpg

posted by 高階杞一 at 22:28| Comment(0) | 日記

2015年10月28日

ポエトリーカフェ「高階杞一リターンズ篇」開催結果報告

 9月20日(日)、東京・神田で開催されたポエトリーカフェ「高階杞一リターンズ篇」の結果報告が主催者ぴっぽさんのブログにアップされました。これを読むと、さまざまな意見が飛び交い、大いに盛り上がったようです。その場にいて聴きたかったけど、本人が参加していたら、言いたいことも言えなかったかもしれませんね。それにしても、参加者のSさんが「春'ing」について事前に2時間も考えていたというのは驚きです。そして、そんなふうに深く読み込まれる作品というのは、自分の作ったものながら、何とも幸せ者だと思えてきます。
 会場の喫茶店では「キリン柄の東京ばな奈」というケーキも出たそうな。これはどんなものか見てみたかったなあ。写っている写真では、皆さん既に食べられた後でした(笑)。
 何はともあれ、御一読を。

 http://blog.livedoor.jp/pipponpippon/archives/52045134.html

 昨夜の豪雨の後、今朝はさわやかな秋空が広がっています。庭では鳥たちが賑やかに鳴きさざめいています。どうしたんだろう。鳥たちも雨の後の青空がうれしいのかな。

posted by 高階杞一 at 11:00| Comment(0) |

2015年10月25日

ガーネット77号、発刊!

 昨日、予定通りガーネットの最新号ができあがってきました。
 即日、用意していた封筒に詰めて発送しました。台湾在住の高木敏次分と合わせて190部。10月27日(火)までには読者のお手元に届くと思います。
 表紙はモスグリーンの地に朱色の絵という配色で、クリスマスカラーをイメージしたのですが、クリスマスと言うより抹茶のケーキ(?)のような感じになったようです。
 今号の詩のタイトルは「歌のアルバム」。50代半ば以上の方なら、昔、「ロッテ 歌のアルバム」というテレビ番組があったのを思い出されるのではないでしょうか。さまざまな歌を素材に、9月の歌から12月の歌までの連作詩になっています。歌のタイトルは付していないので、中にはこの詩の元歌は何? と思われる方がいるかもしれません。これについてはまた後日書きたいと思っています。
 詳細(目次)はホームページの「ガーネットの最新号」をご覧ください。
   http://tkiichi.sakura.ne.jp/page003.html
 購読ご希望の方は同じく「ガーネットの入手方法」の欄をご覧ください。
   http://tkiichi.sakura.ne.jp/page006.html

ガ77 表紙 (566x800).jpg

posted by 高階杞一 at 12:05| Comment(0) | ガーネット

2015年10月23日

大きなミス

 ガーネット次号は先日お知らせしたように、明日出来上がってくる予定ですが、印刷所に入稿した日、ワンコたちの散歩の途中で、大きなミスを犯していたことに気がつきました。それはページ数。書籍のページ数は、4の倍数にすることが基本中の基本なのですが、今回、何を勘違いしたのか70ページで組んで入稿してしまいました。このままでは最後の2ページ分が白紙になるのではないかと、帰宅後、慌てて印刷所に電話しました。担当者に事情を話すと、ガーネットの場合、のり付けの簡易製本なので大丈夫ですと言われ、ホッと胸をなで下ろしました。
 今まで4の倍数にするために、自分の原稿で調節し、ずいぶんと苦労してきました。今回も4の倍数でないと事前に分かったら、あと2ページ増やすか減らすかで悩み、入稿が遅れていたかもしれません。結果オーライと言えば言えるかもしれません。ただ、印刷費は72ページ分として処理されるので、少し損をしたような気分にもなりますが。まあ、仕方ないですね。
 封筒の宛名印刷や送り状の用意も終わり、明日届けば、明後日には発送できるようにしています。初のページ数が4の倍数でないガーネット、届くのをお楽しみに。

posted by 高階杞一 at 13:21| Comment(0) | ガーネット

2015年10月19日

びーぐる29号刊行&ガーネット77号編集完了!

 「びーぐる」29号が出ました。今号の特集は「町田康の詩表現」。独特の世界を創出している小説家町田康の詩に焦点を当て、その魅力を紹介しています。岡井隆、平田俊子、福間健二など12氏の論考・エッセイのほか、編集同人である山田兼士との対談、小詩集などから成っています。
 連載13回目となる「詩歌の植物」の今回のタイトルは「はっかけばばあにくっつき虫−植物の異称あれこれ」。副題の通り植物のさまざまな異称を紹介しています。さて、「はっかけばばあ」とは何でしょう? それは読んでのお楽しみ。
 今号の詳細は山田兼士さんのホームページ(29号の目次)をご覧下さい。
 http://homepage2.nifty.com/yamadakenji/1beagle.htm

びーぐる29号 表紙 (451x640).jpg


 ガーネット次号(77号)の編集も完了し、今朝、印刷所に入稿しました。24日には出来上がってくる予定です。何と、いつもより1週間も早い刊行です。風邪で苦しんでいた割りにはよくやったと、自分で自分を褒めたくなります。でも、疲れた〜。
 詳細はまた後日お知らせします。

posted by 高階杞一 at 11:48| Comment(0) | びーぐる