2015年10月17日

柳波賞選考会、終了

 柳波賞選考会から昨日帰ってきました。
 一昨日はすごくいい天気で、往きの新幹線から富士山がきれいに見えました。山頂の雪はまだ少なめで、風呂屋の絵のようではなかったのが少々残念でしたが、それでも青空を背にして、威風堂々たるものでした。
 選考会は2時間ほどで無事に終了。黒木瞳さんも2回目なので、前回のような緊張した様子もなく、ときおり笑顔も交えながら発言されていました。
 その夜は東京の知人たちと新宿で飲みました。詩人、歌人、翻訳者、編集者など合計10人。直前に風邪や急用のためふたり欠席者が出たものの、久し振りの大人数でした。ジャンルはバラバラながら、共通の知り合いなどもいて、3時間半ほど、大いに盛り上がりました。
 ホテルへ戻ってからいつも飲み直すのですが、疲れていたためか、睡魔に襲われ、一滴も口にすることなくそのまま寝てしまいました。
 翌朝、ホテルを出たら、雨。えっ、2日間晴れの予報だったのに、ショック。駅まで15分ほどあるので、濡れていくわけにも行かず、近くのコンビニで傘を買いました。傘を持っている時には降らず、持って出なかった時に限って降る。人生こんなものですね(と、大袈裟に言うほどのことでもないですが)。
 帰りの新幹線では、西に向かうに従って晴れてきました。大阪に着いたら暑いくらいの日差しでした。

 今日からまた仕事を再開。ガーネットの校正もほとんど返ってきています。編集完了まであと少し。 
 
posted by 高階杞一 at 11:18| Comment(0) |

2015年10月14日

ほぼ快復

 ひどかった風邪もほぼ全快に近い状態になってきました。
 まだ喉に少し違和感があるものの、昼間は咳も洟もほとんど出ず、普通に過ごせています。夜になるとどういうわけかまた咳や洟が出たりするのですが、それもだいぶんおさまってきました。
 昨日は2週間ぶりに大学の講義に出ました。風邪がぶり返さないかと恐れていましたが、そんなこともなく、昨夜は久し振りにぐっすりと眠ることができました。
 明日は柳波賞の選考会で群馬の沼田市まで出かけます。夜は東京の知人たちと恒例の飲み会。病み上がりなので無理をしないようにと思っていますが、さてどうなることか。

 仕事の方はガーネットの詩を残すのみ。7割方できました。これも後少し。

posted by 高階杞一 at 16:34| Comment(0) | 日記

2015年10月09日

一進一退

 風邪の状態がパッとしません。一進一退の状態が続いています。今日は少しマシかなと思ったら、次の日にはまたぶり返しているというような…。
 火曜日の大学の授業&びーぐる編集会議は山田兼士さんの「無理をなさらずに」というやさしい言葉に甘えて、結局両方とも休みました。その甲斐もなく、いまだ快方に向かう気配はなく…。
 激しい咳や洟のため、夜眠れないのが何よりつらいところです。喉の炎症を抑えるため、この2日ほど断酒を決行しました。しかし効果なし。これなら飲んだ方が寝付け薬になってまだマシかもと思えてきたりもして。
 夜中はそんなふうにひどい状態なのですが、昼間は咳も洟もそれほど出ず、容態も安定しているので相変わらず仕事は続けています。ガーネットの校正打ち出しも昨日終わり、今日同人に発送しました。自分の原稿もガーネットタイムとあとがきをほぼ書き終えました。後は詩を残すのみ。これも順調にできたらいいのですが。風邪でもネタにした詩を書こうかな。
 柳波賞の選考会は来週の15日。それまでに治るよう祈るばかりです。

posted by 高階杞一 at 12:25| Comment(0) | 日記

2015年10月05日

風邪が最悪に…。

 4日ほど前から風邪を引き始め、最悪の状態になってきました。
 洟は出るわ、咳は出るわで夜もほとんど眠れないでいます。
 そんな中、ガーネットの原稿書きをしているのですが、頭が朦朧としているせいか、なかなか進まずに困っています。
 明日は大学の授業があり、その帰りには山田兼士さん宅で「びーぐる」の編集会議があります。次号は僕が特集担当なので外すわけにはいきません。明日には少しでもマシになっていればいいのですが。
 それにしてもこんな10月の始めに風邪をひくのは珍しいことです。昼間と夜の温度差が激しく、それが風邪の一因になっているのかもしれません。
 来週には柳波賞の選考会もあり、遠出をするので、それまでには体調が万全になるようにと祈るばかりです。

posted by 高階杞一 at 19:00| Comment(0) | 日記

2015年10月02日

ガーネット次号に向けて

 昨日は台風のような風雨でした。
 夜中の12時過ぎ、雨がやんだので外へ出てみたら、生ぬるい風が吹いていて、ちょっと不気味でした。
 それはともかく、目下、ガーネット次号の原稿に取り組んでいます。毎回苦労するのが「詩集から」の欄。今回も評論やエッセイの類を含めて100冊近くあり、目を通すだけでも大変です。それも何とか読み終わり、取り上げる作品の選択も終え、あとは短いコメントを付していく段階まで来ました。後3日ほどで終えられそうです。
 残りはガーネットタイム、あとがき、詩の3つ。
 同人からの原稿は一部を除き届いています。これらの編集も並行して行い、校正が戻ってくるまでに自分の原稿を仕上げるというのが、いつものパターンです。散文は時間さえあれば何とかなりますが、時間があっても何ともならないのが詩。毎回最後の最後まで苦しめられます。今回は早めにミューズが降りてきてくれたらいいのですが。と、毎回、同じことを書いているような…。

posted by 高階杞一 at 11:53| Comment(0) | ガーネット