2015年11月30日

やっと届いた。

 マイナンバー通知カードがやっと届きました。土曜日に届いたのが不在で(家にはいたんだけれど、ドアホンが聞こえずに)今日受けとりました。どんなものか少しわくわくしながら、開けてみると、薄い緑色の素っ気ない紙。その下に個人番号申請書が付いていました。この個人番号カードが銀行のカードのようなもののようです。添付されていたパンフレットを読むと、このカードがあれば、コンビニで住民票や印鑑登録証明書など各種証明書が受け取れるようです。これは便利そう。便利なのはいいけれど、その分、悪用されるリスクも増えそうです。テレビなどを見ていると、既に高齢者を狙った詐欺も多発しているとのこと。気を付けなければ。

 仕事の方は「びーぐる」次号特集のエッセイを書き終え、今、「詩歌の植物」を書いているところです。少しずつネタも底をついてきました。そんな苦しい中、何とかネタを絞り出し、書き始めました。おもしろい内容になればいいのですが。

 今日で11月も終わり。明日からは師走。1年があっという間に過ぎていきます。

posted by 高階杞一 at 22:36| Comment(0) | 日記

2015年11月26日

紅葉狩 箕面公園&勝尾寺

 昨日は箕面市にある勝尾寺に紅葉狩に行きました。一昨日から親戚のおじさんが我が家に泊まりがけで来ていて、それならどこか紅葉狩にでもと思い、実家に帰る途中にある勝尾寺に決めました。
 昼過ぎに車で出発。道はナビ任せにして、走っているとどんどん山道に入っていきます。勝尾寺ってこんな山の奥だったかなと不安に思いながらも走っていると、左手の渓谷沿いに真っ赤に色づいたモミジが見えてきました。しばらく行くと売店があり、そこに人が集まっています。せっかくだからここで車を停めて紅葉を見ようということになりました。
 売店のそばの山道を降りていくと、大きな滝が見えてきました。そこで初めて、それが箕面公園の大滝だと気がつきました。平日だというのに大勢の人が見学に訪れています。辺りいちめん山肌は紅葉に染まっています。ナビが遠回りの道を指示したおかげで、思わぬ紅葉狩ができました。

 http://www.mino-park.jp/

 そこから車で5分ほどのところに目的の勝尾寺がありました。ずいぶん昔、行ったことがあるのですが、境内に入ると、まったく記憶に残っていた印象と違っていました。広い境内はきれいに整備され、紅葉もちょうど見頃でした。参拝路を歩いていると、至る所に小さなダルマが置かれています。これは勝運(かちうん)ダルマと言って、これを買って帰り、願い事が叶うと両目を入れてまたこの寺に納めるのだそうです。これはダルマみくじとして売られていて(ひとつ500円)、家人がひとつ買いました。みくじを開くと大吉! 家人は大喜びでした。どんな願い事をしたのか知りませんが、願いが叶ったらまた納めに来なければなりません。さて両目が入るかどうか。

 http://www.katsuo-ji-temple.or.jp/index.html

 箕面公園と勝尾寺、どちらも見事な紅葉が見られて、楽しい晩秋の1日になりました。

箕面の大滝 (800x600).jpg

箕面の大滝

勝尾寺1 (800x600).jpg

勝尾寺

勝尾寺2 (800x600).jpg

池から霧が出ていてびっくり。人工の蒸気?

勝尾寺 ダルマ1 (800x600).jpg

勝運ダルマ 納め所

勝尾寺 ダルマ2 (800x600).jpg

塀の桟にもびっしりとダルマが

勝尾寺 全景 (800x600).jpg

勝尾寺全景 屋根にもダルマが(右下)

posted by 高階杞一 at 12:35| Comment(0) | 日記

2015年11月23日

心に太陽を くちびるに詩を

 近代詩伝道師Pippo(ぴっぽ)さんの本が出ました。タイトルは「心に太陽を くちびるに詩を」(新日本出版社)。「しんぶん赤旗」に2年半にわたり連載したエッセイをまとめた1冊。詩をこよなく愛するぴっぽさんが、自分の琴線に触れた詩を読者にやさしく紹介しています。室生犀星、中原中也など近代詩の大御所から、ほとんど無名の詩人まで、名前など関係ない、自分がいいと思った詩を読者に届けたいという作者の熱い思いが全篇から伝わってきます。連載時のエッセイを読み、詩に魅了された読者も多くいたのではないでしょうか。
 拙作も2篇(「人生が1時間だとしたら」と「愛」)紹介されています。
 「人生が1時間だとしたら」の引用の後、ぴっぽさんは次のように記しています。

 「そうか。詩って、こんなに軽やかで自由で楽しくっていいんだ!」
 暗い荒野にひとりぼっちだったわたしの心に、春が訪れたのです。

 こんなふうに紹介されて、作者にとってはうれしい限りです。
 ぴっぽさん、ありがとう。そして、出版、おめでとう!

 本の内容についてはこちらをご覧ください。
 https://www.shinnihon-net.co.jp/general/detail/name/%E5%BF%83%E3%81%AB%E5%A4%AA%E9%99%BD%E3%82%92+%E3%81%8F%E3%81%A1%E3%81%B3%E3%82%8B%E3%81%AB%E8%A9%A9%E3%82%92/code/978-4-406-05949-7/

ぴっぽ「心に太陽を くちびるに詩を」 (537x800).jpg

posted by 高階杞一 at 12:16| Comment(0) |