2016年01月31日

歌のアルバム

 昨日は大学のスクーリングがあり、これで年間の講義はすべて終了。4月半ばまで長い春休みです。
 今日で1月も終わり。正月気分が抜けず、だらだらしているうちにひと月が過ぎました。

 このところガーネット次号の詩を考えていますが、苦戦しています。「歌のアルバム」と銘打ったシリーズの次号は1月から4月まで。このシリーズはまずどんな歌を素材にするか、というところから詩作の一歩が始まります。この歌選びがなかなか難しい。
 選曲のポイントは2つ。まず多くの人が知っていること。それも唱歌や童謡ではなく、長く歌い継がれているような歌謡曲であること。もうひとつはなるべくその季節に合った歌であること。
 この2つの条件に合った歌が見つかっても、その歌のどの部分を切り取って使うかでまた悩みます。切り取る歌詞はありふれたフレーズであることが次の条件になります。独創的なフレーズを使うとそれは盗作になってしまいます。例えば森進一の「襟裳岬」なら、「北の街ではもう悲しみを暖炉でもやしはじめてるらしい」の部分はNG。次の「わけのわからないことで悩んでいるうち」ならOKという具合です。
 こういう諸条件と苦戦しつつ、何とか1月と2月はできました。あとは3月と4月。この季節の歌はたくさんありすぎて、逆にどの歌を選んでいいのか悩んでしまいます。そんな、わけのわからないことで悩んでいるうちに、締め切りが過ぎていきそうです。

posted by 高階杞一 at 18:27| Comment(0) |

2016年01月24日

2つのコラム−神戸新聞と長崎新聞

 昨日今日と、2日続けて地方紙のコラムに拙作が紹介されました。神戸新聞と長崎新聞。新聞のコラムに取り上げられることはたまにありますが、2日連続というのは初めてのこと。偶然とは言え、ちょっとびっくり。どちらもそれぞれの話題に重ねて拙作が引用されています。御一読いただければ幸いです。

神戸新聞(2016/01/23)
http://www.kobe-np.co.jp/column/seihei/201601/0008744179.shtml

長崎新聞(2016/01/24)
http://www.nagasaki-np.co.jp/news/mizusora/2016/01/24102959046748.shtml

 このところずっと詩を考えていますが、まるで浮かんできません。もう種切れだろうか、と弱気になったりしています。まあ、そう言いながら40年以上書いてきたわけですが。
 ガーネットの締め切りも迫ってきたし、いつものように締め切りぎりぎりに降りてくるミューズに期待するほかなさそうです。

posted by 高階杞一 at 16:32| Comment(0) |

2016年01月22日

びーぐる30号刊行

 「びーぐる」30号が出ました。今号の特集は「心に残る言葉」。どんな人にも心に残る言葉というのはあるはず。それはどこかでその人の生きる姿勢ともつながっているように思えます。そしてそれはまた詩を書く人間にとっては、詩の入り口にもなっているように思えます。財部鳥子さんと編集同人4名によるエッセイと、総勢54名のアンケートからなっています。
 僕のエッセイのタイトルは「たまには殺してみたいやろ」。何だか不穏なタイトルですが、中身はタイトルとは裏腹に、古い記憶の中の何気ない言葉について綴っています。
 連載14回目となる「詩歌の植物」の今回のタイトルは「アジアの足跡−踏まれても忍ぶ草」。ちょっと植物に詳しい人なら、副題を見れば、「アジアの足跡」が何の植物を指しているかすぐに分かるはずです。答は、本文でご確認ください。
 今号の詳細は山田兼士さんのホームページ(30号の目次)をご覧下さい。
 http://homepage2.nifty.com/yamadakenji/1beagle.htm

びーぐる30号 表紙.jpg

posted by 高階杞一 at 12:32| Comment(0) | びーぐる

2016年01月19日

初積雪

 今朝、起きると、庭がいちめん白くなっていました。この冬初めての積雪です。と言っても、1センチにも満たないほどの積雪。それでも雪の大好きなワンコたちは庭に出て、うれしそうに走り回っていました。雪が積もると世界が浄化されたように美しく、人間のこちらもなんとなく澄んだ気持ちになります。
 今日は大学の講義日。最寄りの駅に着くと、雪がちらちらと舞っていました。それが講義が終わって外に出ると、横殴りの猛吹雪でびっくり。バスに乗り、最寄り駅に着くと雪はもう止んでいました。大学は小高い丘の上にあるので、気象が違うのかもしれません。とにかく寒い1日でした。

 ここ数日、締め切りの迫った詩を考えていますが、何も浮かんできません。いつものようにミューズの降臨待ちになりそうです。

ホッピー&コッコ (800x600).jpg

雪の中ではしゃぐホッピーとコッコ
 
posted by 高階杞一 at 19:02| Comment(0) | 日記

2016年01月14日

肋間神経痛の原因判明

 肋間神経痛で痛みを感じ始めてから10日近くなり、病院で薬をもらって飲み始めてからでも1週間が過ぎましたが、いっこうによくなりません。今朝起きると、背中に焼けるような痛みを感じ、家人に見てもらうと、赤く腫れてブツブツの湿疹ができているとのこと。背中だけでなく、胸から脇腹までも同じような症状が。何だこりゃ。薬の副作用か、4日ほど前に患部に貼ったカイロによる低温やけどか。どちらにしても放っておけないので病院へ行きました。今度は皮膚科へ。
 診断結果は帯状疱疹(たいじょうほうしん)とのこと。肋間神経痛もこれによって引き起こされたものだと言われました。この病気は幼児期にかかった水疱瘡が原因で、治ったあともそのウイルスが体内の神経節に潜んでいて、加齢やストレス、過労などで免疫力が落ちたとき、ふたたび活動を始めて発症するとのこと。50代から70代で多く見られる病気とのことですが、50年以上もウイルスが体内に潜伏しているとは驚きです。
 何はともあれ、肋間神経痛の真の原因が分かっただけでも少しすっきりとしました。たくさんの薬を処方されたので、飲んでいれば少しずつよくなっていくと思います。
 正月3日に、「風邪もひかず、アクシデントもなく、今年はまずまずよい1年の始まりになりました。」と書いたばかりなのに、今年もさい先の悪いスタートになり、ちょっとガックリです。節分にはどこか厄除けに御利益のある神社にでも行こうかな。
 井伏鱒二に「厄除け詩集」というのがあったけれど、あれは効き目があるのだろうか?

posted by 高階杞一 at 18:50| Comment(0) | 日記