2016年01月09日

びーぐる編集会議&新年会&変な夢。

 昨日は梅田の居酒屋で「びーぐる」編集会議&新年会がありました。山田、細見、それに編集のYさんも加えた4人。まず次号の校正を済ませ、そのあとは次々号以降の話をあれこれ。アイデアマンの山田さんの提案でいろいろとおもしろい企画が出ました。どこまで実現できるか分かりませんが、現状に甘んじず、新たな未知の海へこぎ出していこうという実りある話し合いになりました。
 会は2時間ほどでお開きに。短い時間ながらけっこう飲んだのか、帰宅後はバタンキュー。コタツの中で1時間ほど眠り、起きてからまた寝酒を飲んで2時頃にフトンに入りました。なかなか眠れずにいるうちに、ホッピーが壁をガリガリしだし(これはウンチのために外へ出してくれという合図)、仕方なく起きて、外へ出してやりました。コッコも飛んできて一緒に外へ。
 時計を見たら3時。すっかり目が覚めて、それからまたコタツの中で5時頃まで飲んでいました。
 2度目に寝たあと、変な夢を見ました。真夜中、暗い部屋の中で何かを探していたら、風呂場から外人(ブラジル系?)の姉妹が丸裸で飛び出してきて、びっくり。どうしてこんなところにいるのと聞いたら、カッコいいから付けてきたの、とのこと。そのあと、また街でばったり出会ったりして…。
 この話を家人にしたら、夢の中でも自分が好きなのね、と笑われました。

posted by 高階杞一 at 13:28| Comment(0) | びーぐる

2016年01月08日

肋間神経痛と七草粥

 3日ほど前から急に右胸が痛み出し、2日ほど様子を見ていたのですが、治らないので昨日病院へ行きました。その前にネットで調べると、胆石の症状に似ている。また場所が場所だけに肺癌の可能性もある。胆石ならまだしも、肺癌だと困るなあと不安になりつつ診察を受けると、肋間神経痛だと診断されました。病名は聞いたことがあるけれど、なったのは初めて。帰宅後、またまたネットで調べると、ストレスが主な原因と書いてありました。正月はのんびりと過ごしたし、これと言って思い当たることもないので、なぜこんな病気になったのか不思議です。加齢のせいもあるのかなあ。ともかく痛み止めの薬をもらって帰りました。飲んだからと言ってすぐに痛みがなくなるわけではなく、まだ痛みは続いています。右胸から脇腹、そして背中(肩甲骨辺り)へと痛みは広がっています。鋭い痛みではなく、ズキズキといった感じ。まあ生活をする上で支障はないので、少しずつ痛みが去るのを待つしかなさそうです。
 昨日は七草粥を食べました。一年の無病息災を願って食べられるとのこと。願う前に病気になってしまいましたが、これが最初で最後の病気になるように願いながらいっぱい食べました。
 今日は夕方から「びーぐる」の編集会議のために出かけます。次号の校正と、次々号の特集について話し合う予定です。新年会も兼ねているので、堅い話は最初だけにして、楽しい飲み会になればと思っています。

posted by 高階杞一 at 12:11| Comment(0) | 日記

2016年01月03日

初詣

 あけましておめでとうございます。皆様にはよい新年を迎えられたことと思います。
 こちらは例年通り、元日は実家に行き、今日は近場の塩田八幡宮へ初詣に行って来ました。例年になく屋台が多く出ていてびっくり。参詣者も例年より多く、これは今日で正月休みも終わりだからでしょうか?
 久し振りのドライブでワンコたちも大はしゃぎ。前々へと引っぱられながら本殿に辿り着き、今年もみんな健康でいられますようにとお祈りしました。
 帰りは参道をそれて、すぐ隣にある霊園(三田メモリアルパーク)に行きました。大きな観音様が真ん中にそびえ立つ広い霊園です。人の姿もほとんどなく、青空を背景にそびえ立つ観音を見ていると、異空間に迷い込んだような気がしてきます。
 去年のブログを見ると、大雪で「ワンコたちも靴も車もどろどろになりました」と書いています。今年は晴天。歩いていると暑いぐらいの陽気でした。20度を超えているんじゃないかと思えるほどでした。
 風邪もひかず、アクシデントもなく、今年はまずまずよい1年の始まりになりました。

塩田八幡宮 (800x600).jpg

塩田八幡宮 本殿

塩田八幡宮 ホッピー&コッコ (800x600).jpg

ホッピー&コッコ 「あけましておめでとうワン」

塩田八幡宮 屋台 (800x600).jpg

例年より多く並んだ屋台

塩田八幡宮 参道 (800x600).jpg

山を背景にした塩田八幡宮

三田メモリアルパーク (800x600).jpg

三田メモリアルパーク

三田メモリアルパーク 2 (800x600).jpg

近くで見ると迫力があります。

posted by 高階杞一 at 15:39| Comment(0) | 日記