2016年01月31日

歌のアルバム

 昨日は大学のスクーリングがあり、これで年間の講義はすべて終了。4月半ばまで長い春休みです。
 今日で1月も終わり。正月気分が抜けず、だらだらしているうちにひと月が過ぎました。

 このところガーネット次号の詩を考えていますが、苦戦しています。「歌のアルバム」と銘打ったシリーズの次号は1月から4月まで。このシリーズはまずどんな歌を素材にするか、というところから詩作の一歩が始まります。この歌選びがなかなか難しい。
 選曲のポイントは2つ。まず多くの人が知っていること。それも唱歌や童謡ではなく、長く歌い継がれているような歌謡曲であること。もうひとつはなるべくその季節に合った歌であること。
 この2つの条件に合った歌が見つかっても、その歌のどの部分を切り取って使うかでまた悩みます。切り取る歌詞はありふれたフレーズであることが次の条件になります。独創的なフレーズを使うとそれは盗作になってしまいます。例えば森進一の「襟裳岬」なら、「北の街ではもう悲しみを暖炉でもやしはじめてるらしい」の部分はNG。次の「わけのわからないことで悩んでいるうち」ならOKという具合です。
 こういう諸条件と苦戦しつつ、何とか1月と2月はできました。あとは3月と4月。この季節の歌はたくさんありすぎて、逆にどの歌を選んでいいのか悩んでしまいます。そんな、わけのわからないことで悩んでいるうちに、締め切りが過ぎていきそうです。

posted by 高階杞一 at 18:27| Comment(0) |