2016年02月19日

オデッセイとディスコ音楽

 昨日は映画を観にいってきました。ガーネットの編集で大変なときですが、忙中閑あり、と言うことで。
 観てきたのは「オデッセイ」というSF映画。火星での探査任務中、嵐に遭い、他の5名がロケットで脱出した中、ひとりだけ火星に取り残され、食料も水も酸素もわずかしかない中、次のロケットが到着する4年後まで生きのびようとする物語。それは無理やろ、と言うようなツッコミどころ満載の映画ですが、ハラハラしたり、笑えたりするシーンもあって、最近観たSF映画の中では特撮の迫力だけでなく、ドラマとしても楽しめるものでした。
 さらにこの映画の特殊なところは、SF映画でありながら全編に70年代のディスコ音楽が流れるという点。アバの「Waterloo」やドナ・サマーの「Hot Stuff」、グロリア・ゲイナーの『恋のサバイバル』などなど。最初に流れる音楽がセルマ・ヒューストンの『Don’t Leave Me This Way』で、これはそのまま「わたしを置いていかないで」という主人公の気持ちを代弁しています。
 こうした軽快な音楽ゆえに火星にひとり取り残された男の悲壮感が感じられないという批判もあるかもしれませんが、逆の見方をすれば、こうした音楽でも聴いていなければとても絶望的な状況下で生きていけないと言えるのかもしれません。

 ガーネット次号の発行は3月1日。間に合うかどうかという瀬戸際の状況下で、こちらは音楽もかけずにあがいています。

 「オデッセイ」公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/odyssey/

  挿入歌 http://moviematome.com/themartian/
 
posted by 高階杞一 at 12:00| Comment(0) | 日記