2016年03月16日

『連句茶話』 鈴木漠

 鈴木漠さんから『連句茶話』という本が送られてきた。これは自分にとって待望久しい本だった。漠さんが連句のグループ誌として定期的に発行している「おたくさ」という小冊子がある。そこにこの「連句茶話」が連載されていて(元は「六甲」という月刊短歌誌での連載なので、転載と言うべきだが)、それを毎回楽しみにしていた。「茶話」と謙虚な命名をされているが、内容は奥深い。毎回、へえ、そうなのかと驚かされ、勉強になることが多い。例えば、「連句」という呼称、明治になってから高浜虚子が従来の俳諧連歌をそう名付けたと思っていたら、蕪村も連句集という呼称を用いていたといい、それよりはるか前、8世紀の唐代の書家、顔真卿(がん・しんけい)の書にもこの「連句」という言葉が出てくるとのこと。さらに対話形式の詩と言うことであれば、紀元前2世紀、漢の武帝の時代にまでさかのぼると記されている。含蓄に富んでいて興味は尽きない。

 ここ3年ほど、大学の創作演習の授業で学生たちに連句をやらせている。みな連句なんて初めてだから、奈良時代の連歌から今日の俳句、さらに連詩に至る歴史をまず最初に講義し、それから始める。連句にはいろいろと細かいきまりがあるが、細かいことを言っていると進まないので、大まかな基本だけを押さえて行う。それでもなかなか進まない。1時間半の授業で4句できるかできないかといったところ。そんな具合なので、1巻(歌仙36句)が仕上がるのに2ヶ月半ほどかかる。
 連句をやらせることにしたのは飛躍の勉強になると思ったからだった。飛躍がなければ連句はおもしろくない。いくら五七五のリズムがあっても、散文の垂れ流しのようになってしまう。それで飛躍を強調するのだが、学生たちにはこれが難しいらしく、つい前の句の続きのように付けてしまう。それでダメ出ししたりしているうちに時間がどんどん過ぎていく。
 1例を挙げれば、

  アルバムを見つけて過(よ)ぎるあなたの背
     カレンダー見れば明日はゴミの日
  カランコエ開いた星に願い込め
     マフラー巻いてドアを開いた  

 この「マフラー巻いてドアを開いた」は付きすぎていてダメだと言う。それでもう一度全員に考えさせるのだが、出てこない。沈黙のまま20分以上が過ぎて、フリーズ状態に。そこでやむなく、こんなふうに付けたらどうかと、提示する。
     最後の一行冬のポストへ
 「アルバム」から恋を詠む場だったのでこのようにしたのだが、学生たちは飛躍の意味をそれなりに理解してくれたようだった(この句がいいかどうかは別にして)。
 こんなふうに、やっている時はみな大変そうだが、1巻が仕上がるとそれなりに満足そうな顔をしてくれる。少しは連句のおもしろみを分かってもらえただろうか?
 
posted by 高階杞一 at 13:11| Comment(0) |

2016年03月14日

原稿、完了!

 この10日ほどずっと「びーぐる」次号の原稿に打ち込んでいました。特集のためのエッセイと連載の「詩歌の植物」の2つ。今日、やっと完成し、編集部に送りました。どちらも400字詰め原稿用紙で16枚ぐらい。少々長くなりました。
 「詩歌の植物」はネタ探しで苦労しましたが、あれこれ考えた末、発行の季節に合わせてアヤメ科の植物(アヤメ、カキツバタなど)について書きました。今回もびっくりポンなことがいろいろと出てきます。発行後にまた詳細をお知らせします。お楽しみに!

 昨日の夜から降っていた雨もようやく上がりました。空はまだ曇っていますが、これで濡れずにワンコたちの散歩に行けそうです。
 今日は奈良のお水取りの最終日。練行衆(れんぎょうしゅう)と呼ばれる僧たちが火のついた大きな松明を打ち振るいながらお堂の廊下を走る姿は圧巻。関西ではこの行事が終わると春が来ると言われています。その言い伝えのように、天気予報では明日から晴れて、暖かくなると伝えています。

  https://www.youtube.com/watch?v=VIt216vVtJ4

  水とりやこもりの僧の沓(くつ)の音  芭蕉

posted by 高階杞一 at 13:19| Comment(0) | びーぐる

2016年03月07日

ステレオコンポとギックリ腰

 今まで使っていたステレオコンポのMDデッキやCDデッキが不調になってきたので、新しいのを買いました。新品を買おうと調べ始めたら、なんと今やMDデッキの付いたコンポがなくなっていることを知りました。もうだいぶん前からMDデッキは生産中止になっていたようです。これは困った、MDデッキがないと今まで録りだめたMDが聴けなくなる。どうしよう。と思って考えついたのが、ネットオークション。のぞいてみたら、まだたくさん売られていました。
 それからどれにしようかあれこれ迷った末に、やっと決めて落札したのが3日前。そして昨日、早くも届きました。商品説明に書かれていた通りきれいで、新品のようです。CD、MD、カセットの再生・録音も問題なし。さらにこのコンポはSDカードの再生・録音もでき、CDは5枚チェンジャー、携帯の音楽も聴けるという優れものです。今まで使っていたコンポは14年前(2002年)に買ったもので、今回買ったのが2008年製。わずかな間にずいぶんと進化したものです。

 これとは別に、昨日、軽度のギックリ腰になりました。少し離れたところに置いていた物を取ろうと手を伸ばし、腰をひねったところでびりっと電気が走り、後の祭り。なるのはこれで3度目ぐらい。ギックリ腰は1度なるとクセになると言われますが、そのようです。それと老化も関係しているかも。

 今日も暖かい1日でした。ワンコたちとの散歩の時は暑いくらいでした。散歩コース沿いではもうフサアカシアが満開で、ユキヤナギも咲き始めていました。帰って部屋の温度計を見たら20度! 初夏並みです。この調子だと桜の咲くのも早まりそうです。

 フサアカシア、こんな花です。
 http://zasshonokuma.web.fc2.com/hagyo/hu/fusaakasia/fusaakasia.html

MDコンポ 商品写真.jpg

ステレオコンポの商品写真
 
MDコンポ 001 (800x600).jpg

設置後

posted by 高階杞一 at 17:17| Comment(0) | 日記