2016年04月01日

弱り身につけこむ風の神

 数日前に申請していたマイナンバーカードの交付書が届き、最寄りの受け取り場所に行ってやっと手に入れました。クレジットカードと同じ大きさで、裏にICチップが埋め込まれています。コンビニなどで住民票や印鑑証明などを受け取れるようになるとのことですが、まだ当分使うことはなさそうです。ネットでの確定申告もこれでできるとのことなので、来年あたり試してみてもいいかなと思ったりもしています。ただネット空間での情報管理がどこまできちんとできているか心配な面もありますが。

 今日から4月。各地で桜が満開になったとのニュースがテレビから流れてきます。そんな春爛漫の季節なのに体調は不良。数日前から鼻水が出はじめ、ひょっとしたらと思っていたらやはり風邪でした。熱はまだ37度位なのでそれほどたいしたことはありません。このまま治ってくれたらいいのですが。
 それにしてもギックリ腰がまだ完治しないうちに風邪をひくなんて、弱り目にたたり目、踏んだり蹴ったり、泣きっ面に蜂など、さまざまなことわざが浮かんできます。ついでに似たような慣用句を探したら、弱り身につけこむ風の神、転べば糞の上、なんていうのも出てきました。弱り身につけこむ風(風邪)の神はまさに今回の状況にぴったりですが、転べば糞の上というのは最悪ですね。ワンコたちの散歩のときは転ばないように注意しよう。

posted by 高階杞一 at 12:18| Comment(0) | 日記