2016年05月15日

ひがしのひとしさんの遺作 茫洋

 2014年5月14日に亡くなったフォークシンガーひがしのひとしさんの遺作を収めたCDが奥様より送られてきました。手作りのCDで5曲が収められています。その中に拙作「茫洋」も入っていてびっくり。
 もう10数年前、ひがしのさんから僕の詩に曲を付けたいという申し出があり、お会いしました。痩せた、木訥な感じの方で、よろこんで附曲を了解しました。そのときに付けられた曲は「ぷかぷか」と「親指のとなり」(いずれも『キリンの洗濯』収録)で、ライブなどで歌われていました。しかし、「茫洋」に曲を付けられていたということは今回初めて知りました。きちんとした演奏なので、いずれCDにされるつもりであったのかもしれません。
 「茫洋」は詩集『夜にいっぱいやってくる』(思潮社)の最後に収めた詩で、かなり変な詩です。これに曲が付くとは驚きですが、ひがしのさんは切々とした愛の歌に仕上げています。お聴きいただければ幸いです。
 原詩は次の通りです。

   茫洋

ハサミで夜を切っていく
菱形、三角、ギザギザ、むちゃくちゃ
そんなふうに
ぼくらも終わった
君の激しい罵りも
今は遠い記憶となった
青空が間抜けのように広がっている
見上げると
関節がぼきぼき鳴るよ
何だか遠いところでぼきぼき鳴るよ


(コントローラーの右側の▷マークを押すと演奏が始まります)

 今回送られてきた奥様からの送り状には、「愛用していたノートの最後のページの言葉です」として、次のように記されていました。

 唄が風に消えてゆく日
 ぼくはこの世を去るだろう
 唄と一緒にふきとばされて

 まさに唄と一緒に去って行かれたのでした。

 ひがしのひとし
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%B2%E3%81%8C%E3%81%97%E3%81%AE%E3%81%B2%E3%81%A8%E3%81%97

posted by 高階杞一 at 13:14| Comment(0) |

2016年05月11日

母の日&詩集の準備。

 今日は母の日のお祝いで、実家から車で10分ほどのところにある「かに道楽」へ行きました。この3年ほど同じ場所での恒例の食事会です。母と妹と家人の4人。みんなカニが大好きです。
 去年の夏ごろから母の調子が悪くなり(原因不明の体調不良と認知症)、どうなることかと心配していたのですが、ここ2ヶ月ほどで驚くほどに回復しました。頭も言葉もしっかりし、食欲も戻り、今日の会席コースもほとんど残すことなく食べてくれました。次は焼き肉がいいなどという話も出て、やれやれといったところです。

 仕事の方は目下、新しい詩集の準備中。この日記でも以前触れたことがあるような気がしますが、絵本のような形にしたいと言っていた詩集です。写真での協力者が見つかり、その方とレイアウト等についてあれこれと打ち合わせをしています。2篇ほどの見本ができあがった段階で、いくつかの出版社に打診したいと思っています。
 写真と詩を組み合わせた詩集はすでに『千鶴さんの脚』がありますが、これとは異なり、1篇の詩に5枚くらいの写真を組み合わせ、絵本のような流れで読める詩集にする予定です。年内に出せればと思っているのですが、さてどうなるか。

posted by 高階杞一 at 22:46| Comment(0) |

2016年05月08日

お茶摘み&製茶(第2回)

 今日は去年に引き続いて庭のお茶を摘んで製茶をしました。今年はもうマニュアルを見なくても大丈夫だろうと思ったのが失敗。うまくできませんでした。原因は最初の茶葉の蒸しすぎであったようです。3分ほどでいいところ、10分も蒸して、葉の原型がなくなってしまい、最後は粉状になってしまいました。
 それでも捨てるのはもったいないので、お茶にして飲んでみました。香りは新茶のいい香りがしますが、味の方は苦みがあって、おいしくありません。1時間ほども時間をかけたのに、残念。家人はもう1回挑戦すると言っています。よほど悔しかったようです(笑)。
 製茶の仕方は去年のブログ(5月6日付)に詳しく載せていますので、よかったらそちらをご覧ください。

茶摘み 001 (800x600).jpg

庭のお茶の木

茶摘み 004 (800x600).jpg

摘んだ茶葉

茶摘み 006 (800x600).jpg

できあがったお茶。粉状で失敗。

茶摘み 022 (800x600).jpg

製茶の様子を見つめるコッコ。
足下にあるのは誕生日のお祝いに買ってあげたウサギのぬいぐるみ。

茶摘み 023 (800x600).jpg

できあがったお茶を見て、「残念…」

posted by 高階杞一 at 17:53| Comment(0) | 日記