2016年07月21日

夏の旅行と草刈り

 毎年恒例の夏の旅行。去年は家人の腰痛手術後間もないため断念しましたが、今年は問題なし。そこで昨日、あれこれと旅行サイトを見て、宿を探しました。ワンコたちがいっしょなので、宿はどうしても限定されてしまいます。一般の客室だとワンコたちも自由にできないし、こちらも気を遣うのでコテージを中心に探しました。そうしてあれこれ検討した結果、やっと良さそうな宿を見つけて予約しました。
 場所は信州の八ヶ岳。八ヶ岳には今まで何度も行っています。周辺の観光地にもほとんど行っているので、その辺が少し物足りないところですが、日常から離れ、涼しい森の中で過ごせればそれだけでもいいかと。行くのはまだ1ヶ月ほど先ですが、暑い夏を乗り切る楽しみがひとつできました。

 今日は昼から庭の草刈りをします。前回刈ってから2ヶ月ほど。もう草ぼうぼうです。1回の草刈りで体重が2キロほど落ちます。それぐらい重労働で、マンションならこんな作業をする必要もないのになあと、時々思ったりもします。
 草刈りと言えば、以前、草刈りの詩を書いたことがあります。『いつか別れの日のために』に収めた「午後」という詩。自分ではそれほどいい詩だとは思わないのですが、ガーネット同人の神尾和寿はこの詩を絶賛してくれました。彼はこの詩のどこが気に入ったのだろう?

         午後

  今日は草刈りをした(小さな庭なのに)
  たっぷり二時間もかけて
  
  刈ってしまうと
  後はもう何もすることがなくなった
  
  縁側に坐って
  土のむき出しになった庭を見る
  
  木の黒い影がゆれ
  小さな鳥が草の実をつついていた
  
  木にも鳥にも
  することはいっぱいありそうだった
  
  どこかで電話が鳴っていた
  家の中だか
  
  よその家だか
  わからなかった

posted by 高階杞一 at 12:15| Comment(0) | 日記