2016年08月31日

今日から信州、のはずが……

 今日から信州へ2泊3日で行く予定でした。しかし妹の入院によって予約をキャンセル。年に1回の旅行がたった2週間ほどの入院に重なるとは……。ついていないときはついていないものです。まあ、妹の入院手術となれば仕方ありません。
 その代わり、母を連れていつもの淡河(おうご)方面へプチドライブをしてきました。車で30分ほど。神戸青少年公園は8月の末ということで、人は誰もいませんでした。そこそこ暑い日でしたが、風がけっこう強く(台風の影響か?)、木陰にいると涼しくて、気持よく感じられました。
 帰りはいつものように淡河の道の駅でお蕎麦を、と思って行くと、何と定休日。道の駅で定休日があるなんて思ってもみませんでした。ついていないときはついていないものです。仕方がないので、帰り道にある蕎麦屋へ寄りました。初めて店。中へ入ると、何とセルフサービスの店でした。うどん屋のセルフサービスの店は何度も入ったことがありますが、蕎麦屋のセルフサービスは初めて。蕎麦の味は淡河の店にかないませんが、トッピングで付けた天ぷらは揚げ立てで美味でした。

 今日で8月も終わり。何事もない地味な夏でした。

晴天の公園.JPG

晴天!

光る水.JPG

光る水

ホッピー.JPG

ホッピー

コッコ.JPG

コッコ
posted by 高階杞一 at 17:45| Comment(0) | 日記

2016年08月27日

怒濤の3日間

 一昨日は妹の手術の立ち会いで病院へ行きました。手術は午前9時から12時まで。聞いていた時間より1時間ほど延びましたが、問題なく終了。全身麻酔でまだ頭が朦朧としている妹と30分ほど話して帰ってきました。
 昨日は車の12ヶ月点検でお隣の三田市まで。これは2時間ほどで完了。
 これでやっと諸々の用事が片付きました。怒濤の3日間、と言うのは大袈裟ですが、長距離の車の運転と早起きと寝不足とでかなり疲れました。
 寝不足は早起きのせいもありますが、それよりコッコの夜中の鳴き声や部屋の扉をガリガリする音が原因。母が夜中にトイレに行こうとすると猛烈に吠えて飛びかかるので、2階の寝室に隔離(?)しています。すると出してくれとガリガリする。放っておくとキューキューと鳴き出す。そんなわけで眠れない夜が続いていました。対策として昨日、階段の降り口に仕切りをして、下に降りられないようにして、2階の部屋を自由に行き来できるようにしたら少しマシになりました。やれやれ。
 そんな中、書斎のエアコンが壊れたのでネットで注文。種類が多すぎて、どれにするか決めるまでかなり時間がかかりました。
 そんなあれこれで、「詩歌の植物」の手直しがなかなかはかどりません。やっと9話目まで来たところ。まだ1ヶ月近くはかかりそうです。

 今朝、新聞の番組欄を見ていたら、今夜7時半から始まるNHK「思い出のメロディー」に、なんと荒木一郎の名前が! これは見逃すわけにはいきません。知っている人もいると思いますが、僕の第4詩集「星に唄おう」は荒木一郎がデビューしたラジオ番組の名前から取っています。
 今年はデビュー50周年。このブログによく登場する親戚のおじさんも荒木一郎の大ファンで、10月3日に行われるデビュー50周年記念コンサートのチケットをぼくら夫婦のためにも取ってくれたのですが、ワンコたちを残して東京まで出かけることができず、泣き泣き辞退しました。
 久しぶりに荒木さんのご尊顔を拝するのを楽しみに夜まで待つことにします。

posted by 高階杞一 at 12:40| Comment(0) | 日記

2016年08月24日

シン・ゴジラと入院

 昨日は予定通り「シン・ゴジラ」を観てきました。評価は、期待が大きかっただけに、70点ぐらいといったところでしょうか。不満はいろいろとありますが、全体的なことを言えば、@カット割りが多すぎて見ていて疲れる。A音楽が邪魔。などが挙げられます。Aの音楽はゴジラとの戦闘シーンなどでずっと流れていて、そんなに流さなくても効果音で十分じゃない?と思えました。
 ツッコミ所も多々ありました。
 まず、最初に出てくるツチノコのような怪獣。まるで昔の着ぐるみの怪獣のようで、恐いどころか笑えました。さらにこれがゴジラに進化するとは! そんな設定、必要だったのか?
 ゴジラがエネルギー(放射能)切れのため立ったまま動かなくなると言うのも納得できない。これはゴジラを倒すための凍結剤生産のための苦しい時間稼ぎに思える。
 巨大なゴジラがJRの電車爆弾で倒れたり、ビルの下敷きにになったり、ちょうどそのときゴジラの口が凍結剤を入れやすい高さになったり…とご都合主義のオンパレード。
 日系アメリカ人のヒロイン(石原さとみ)、日本語がペラペラなのに、日本語が苦手と言って、時々英語で喋ったりするのもかなりヘン。
 これらも含めて、随所で笑わせてもくれました(制作陣は笑わせる意図はなかっただろうけど)。
 ゴジラが街を破壊しているのに、政治家も官僚も会議ばかり。結局この映画はそうした日本の水ぶくれした組織の体質を皮肉るのが目的だったのではないかと思えてきます。それなら何もゴジラを出さなくても、もっと別の切り口があったように思えますが。
 最後によかったところをひとつ。ゴジラが体中から放射能ビーム(?)を放って大暴れするところは迫力があって、見応えがありました。

 妹が耳の皮膚癌の手術のため入院することになったので、今朝は実家へ寄って、妹を病院まで送りました。手術は明日。皮膚癌なので、それほど大層な手術にはならないと思います。入院期間は2週間ほど。
 病室で看護婦さんの説明を聞いたあと、お盆に行けなかったお墓参りに行きました。久しぶりだったので草ぼうぼう。抜いていたら汗が噴き出てきました。
 お墓のあとはまた実家に戻り、妹と2人暮らしの母を車に乗せて、帰ってきました。妹が退院するまで我が家で暮らします。
 明日は手術の付き添いのため、また病院へ向かいます。

posted by 高階杞一 at 18:56| Comment(0) | 日記

2016年08月22日

スクーリング、終了。

 昨日は大学のスクーリングがありました。2限目から5限目までの4コマ。暑い日でしたが、皆さん、負けずに出席。高知や静岡の遠方から来ている方もおられました。いつものことながら、通教の皆さんは熱心です。自腹を切ってでも学ぼうとするのですから、学生たちと学ぶ姿勢が違うのは、まあ当然のことかもしれません。
 6時頃に終了し、表へ出ると、まだ熱波が続いていました。バスと電車を乗り継いで、1時間ほどで梅田へ出、待ち合わせていた知人と居酒屋へ。よく冷えたビールが何とも言えないおいしさでした。
 明日は家人と「シン・ゴジラ」を観に行く予定です。こうした特撮ものは裏切られることが多いのですが、ネットの口コミなどでは評判がいいので、楽しみです。

posted by 高階杞一 at 12:20| Comment(0) | 日記

2016年08月16日

問題なし

 昨日は2年前に食道癌の手術を受けた大学病院へ行ってきました。2週間ほど前に1年ぶりの内視鏡検査を受け、その診断結果を聞くためでした。結果は問題なし。手術後も相変わらず不摂生を続けているので、少々心配でしたが、とりあえずホッとしました。ただ7年前の食道癌の手術の後、5年目にまた新たな食道癌になったので、まだまだ安心はできませんが。
 手術で細くなった喉は改善の兆しなし。少し大きめの刺身や肉を飲み込むと、相変わらず詰まりそうになります。これはもうよく噛んで飲み込むよりほかに仕方ないようです。

 それはさておきオリンピック。昨日は珍しい競技を見ました。競泳の10キロマラソン。競泳でマラソン? どんなふうにするんだろうと思って見たら、海に設けられた2.5キロのコースを4往復するレースでした。選手たちが波しぶきを立て、集団で泳いでいく姿は、まるで鰯の群れのようでした。見ていて驚いたのは、陸上のマラソンと同じように給水ポイントがあること。釣り竿のような棒の先にペットボトルを下げて、泳いでいる選手に渡すのですが、これがなかなか取りにくい。また取った後、どんなふうに飲むんだろうと思っていたら、背泳ぎで飲んでいました。大きな波が来たら海水も一緒に飲んでしまいそう。これはなかなか過酷な競技です。たまにクラゲに刺されたりすることもあるそうです。

posted by 高階杞一 at 12:07| Comment(0) | 日記