2016年08月22日

スクーリング、終了。

 昨日は大学のスクーリングがありました。2限目から5限目までの4コマ。暑い日でしたが、皆さん、負けずに出席。高知や静岡の遠方から来ている方もおられました。いつものことながら、通教の皆さんは熱心です。自腹を切ってでも学ぼうとするのですから、学生たちと学ぶ姿勢が違うのは、まあ当然のことかもしれません。
 6時頃に終了し、表へ出ると、まだ熱波が続いていました。バスと電車を乗り継いで、1時間ほどで梅田へ出、待ち合わせていた知人と居酒屋へ。よく冷えたビールが何とも言えないおいしさでした。
 明日は家人と「シン・ゴジラ」を観に行く予定です。こうした特撮ものは裏切られることが多いのですが、ネットの口コミなどでは評判がいいので、楽しみです。

posted by 高階杞一 at 12:20| Comment(0) | 日記

2016年08月16日

問題なし

 昨日は2年前に食道癌の手術を受けた大学病院へ行ってきました。2週間ほど前に1年ぶりの内視鏡検査を受け、その診断結果を聞くためでした。結果は問題なし。手術後も相変わらず不摂生を続けているので、少々心配でしたが、とりあえずホッとしました。ただ7年前の食道癌の手術の後、5年目にまた新たな食道癌になったので、まだまだ安心はできませんが。
 手術で細くなった喉は改善の兆しなし。少し大きめの刺身や肉を飲み込むと、相変わらず詰まりそうになります。これはもうよく噛んで飲み込むよりほかに仕方ないようです。

 それはさておきオリンピック。昨日は珍しい競技を見ました。競泳の10キロマラソン。競泳でマラソン? どんなふうにするんだろうと思って見たら、海に設けられた2.5キロのコースを4往復するレースでした。選手たちが波しぶきを立て、集団で泳いでいく姿は、まるで鰯の群れのようでした。見ていて驚いたのは、陸上のマラソンと同じように給水ポイントがあること。釣り竿のような棒の先にペットボトルを下げて、泳いでいる選手に渡すのですが、これがなかなか取りにくい。また取った後、どんなふうに飲むんだろうと思っていたら、背泳ぎで飲んでいました。大きな波が来たら海水も一緒に飲んでしまいそう。これはなかなか過酷な競技です。たまにクラゲに刺されたりすることもあるそうです。

posted by 高階杞一 at 12:07| Comment(0) | 日記

2016年08月11日

五輪観戦の日々

 オリンピックが始まってからテレビ漬けになっています。一番よく見ているのは柔道とバレーボール。特に柔道は日本時間の午前3時頃までに準々決勝位まで行くので、毎日この時間まで起きて見ています。そして続きは翌朝、という繰り返し。そんなわけでこの1週間ほどは少々寝不足気味。
 今朝の柔道は男女ともに金メダル。いやあ、興奮しました。参加することに意義があると言ってもやはり勝ったらうれしい。選手たちの喜ぶ姿を見ていたら、こちらまでメダルのお裾分けをもらったようでうれしくなってきます。
 今回、日本の選手がカヌーで初めてメダルを取ったので、その競技の模様を見てみたが、何だかテーマパークの急流滑りのようでおもしろい。あの急な流れは人工的に作っているのかな?

 五輪三昧で仕事は少しもしていないようだけど、観戦の合間に少しはしています。「びーぐる」に連載してきた「詩歌の植物」は後1回で終わる予定。連載が終わったら1冊にまとめたいと思って、目下、発表順に手直しを行っています。取りかかる前は軽微な修正で済むと思っていたけれど、いざ始めると、直したいところがあれこれと出てきて、中には全面的に書き換えたものもあったりして、かなり時間がかかっています。この夏休み中に何とか終えることができたらいいのですが。発行は来年の春頃を目指しています。

posted by 高階杞一 at 12:39| Comment(0) | 日記