2016年09月29日

母、退院

 恥骨骨折で入院していた母が、昨日、退院しました。約1ヶ月間の入院。病院から実家まで車で送りました。家に戻れてホッとしている様子でした。こちらも無事に届け終えてホッとしました。家人と交代での見舞いもなくなり、ちょっと肩の荷が下りた感じです。

 ガーネット「詩集から」のための読書は、毎日のように出かける用事があって、なかなか前に進みません。今でやっと3分の1ほど読み終えたところ。これからペースを上げなければあとが苦しい。そろそろエンジンを全開にしなければ。
 同人たちの締め切りは明日。でも原稿の届いたのはまだ一人だけ。みんな夏の疲れが残っているのかもしれません。

posted by 高階杞一 at 11:50| Comment(0) | 日記

2016年09月26日

不幸中の幸い

 ワンコイン・コンサートから帰宅した夜、1本の電話があった。相手は日本文芸家協会。こんな時間になんだろう? 何かいいことかな、と一瞬期待したけれど、内容はまったく予想外のことだった。
「健康保険証を落とされていませんか?」と受話器の向こうで女性事務員が言う。
 保険証? いつも財布に入れているから、保険証だけを落とすことは考えられない。
 それでも、「一応確認してきます」と言って、2階に上がり、カバンの中を確認すると、財布がない! それで、やっと財布ごと落としたんだと気がついた。
 拾った人が財布の中の保険証を見て、文芸家協会に連絡したようだった。
 落とした場所はコンサート会場の駐車場だった。車を降りたとき、家人から渡されたカバンのチャックが開いていて、そのとき入れていた本とメモ帳が落ちたのは気がついた。でも、財布までいっしょに落としていたとは気づかなかった。
 何はともあれ、拾ってくれた人がいい人で助かった。財布の中にはクレジットカードも何枚か入っていたので、悪い人間に拾われていたら悪用されていたかもしれない。
 財布は拾った人がセキュリティサービス付きのゆうパックで送ってくださり、昨日、無事に受け取った。
 不幸中の幸いとはこのことか。
 それにしても、今年は悪いことばかりが続く。お祓いにでも行った方がいいのかなあ。

posted by 高階杞一 at 12:19| Comment(0) | 日記

2016年09月23日

ワンコイン・コンサート

 今日はピアノのコンサートへ行ってきました。場所は西宮市にある兵庫県立芸術劇場大ホール。4階席まであるとても立派な施設です。ここでは定期的にワンコイン・コンサートという企画が催されていて、今日のコンサートもその企画のひとつでした。ワンコインと言っても100円ではなく500円。これだけ立派な施設で、この値段で、すぐれた演奏家の演奏を聴けるというのは庶民にとってはありがたいことです。

 http://www1.gcenter-hyogo.jp/

 今日の演奏は酒井有彩(さかい・ありさ)さんという1989年生まれの若手ピアニスト。国内外のコンクールで数々の賞を受けられているとのこと。プログラムはモーツァルトの「きらきら星変奏曲」、シューマンの「謝肉祭」、クライスラー作曲/ラフマニノフ編曲の「愛の悲しみ」「愛の喜び」等。強弱のメリハリがあり、音もよく響き、聴きながら、ああ、こんなふうに自分も弾けたらいいのになあと思ったことでした。

 執筆の方は昨日からガーネットの「詩集から」に取りかかり始めました。今回もかなりの詩書があります。ざっと数えて100冊近くはありそう。しばらくは爆読の日々になりそうです。

posted by 高階杞一 at 18:34| Comment(0) | 日記