2016年09月14日

柳波賞第1次選考&ハチ退治

 例年のように柳波賞の応募作品が届きました。年々増えています。今年は一般の部が712篇。小中学生の部が952篇。合計1,664篇。第1回から3倍近くになりました。それぞれの部から50篇ずつ選び出すのですが、これだけの数になるとかなり大変です。4日ぐらいはかかりそう。数に比例してよい作品も多ければいいのですが、なかなかそうはいかないところもあります。さて今年はどうなるか。本選考会は来月中旬に群馬県沼田市で行われます。沼田と言えば、最近の豪雨でかなりの被害が出たとのこと。大丈夫かな。職員の皆さんも大変だろうなと案じられます。

 我が家の庭にまたまた蜂が巣を作り、飛びまわっています。7月に業者に除去してもらったばかりなのに、また巣を作るとは。女王蜂が生き残っていたのか? 今度は玄関のひさしの通気孔(?)の中に作っていて、容易に除去できそうもなく、さてどうしようと案じていたところ、家人がハチ退治用の殺虫剤を買ってきました。僕が再度刺されて死んだら大変とばかり、留守中に孤軍奮闘、散布したそうです。玄関に死んだハチが数匹転がっていました。でもまだ飛びまわっています。そこでより強力なスズメバチ用の殺虫剤をネットで注文しました。今日届く予定。これで完全に除去できたらいいのですが。

 びーぐる連載の「詩歌の植物」は数日前に書き上げて編集部に送りました。今回で連載終了です。内容についてはまた発行が近づいたらお知らせします。

 大学の後期授業が昨日から始まりました。長い夏休みも終わりです。
 今日は免許証の更新で最寄りの更新センターまで出かけます。帰りは病院へ母のお見舞い。なかなか集中して机に向かえない今日この頃です。

posted by 高階杞一 at 11:41| Comment(0) | 日記