2016年09月23日

ワンコイン・コンサート

 今日はピアノのコンサートへ行ってきました。場所は西宮市にある兵庫県立芸術劇場大ホール。4階席まであるとても立派な施設です。ここでは定期的にワンコイン・コンサートという企画が催されていて、今日のコンサートもその企画のひとつでした。ワンコインと言っても100円ではなく500円。これだけ立派な施設で、この値段で、すぐれた演奏家の演奏を聴けるというのは庶民にとってはありがたいことです。

 http://www1.gcenter-hyogo.jp/

 今日の演奏は酒井有彩(さかい・ありさ)さんという1989年生まれの若手ピアニスト。国内外のコンクールで数々の賞を受けられているとのこと。プログラムはモーツァルトの「きらきら星変奏曲」、シューマンの「謝肉祭」、クライスラー作曲/ラフマニノフ編曲の「愛の悲しみ」「愛の喜び」等。強弱のメリハリがあり、音もよく響き、聴きながら、ああ、こんなふうに自分も弾けたらいいのになあと思ったことでした。

 執筆の方は昨日からガーネットの「詩集から」に取りかかり始めました。今回もかなりの詩書があります。ざっと数えて100冊近くはありそう。しばらくは爆読の日々になりそうです。

posted by 高階杞一 at 18:34| Comment(0) | 日記