2016年10月30日

手作りベビーカステラ

 今日のお昼ご飯はベビーカステラ。お昼にベビーカステラとは変ですが、前から家人が作ってみたいと言っていたので、挑戦することにしたのでした。
 道具は、関西ならどこの家庭にもたいていあるたこ焼き器。材料はホットケーキの粉。それにトッピングとして、チョコレート、チーズ、メープルシロップ、粒餡を用意。たこ焼きは作り慣れていますが、ベビーカステラは勝手が違うので、ひっくり返すタイミングが難しい。たこ焼きより粉が濃いためか、なかなかうまくひっくり返りません。できあがったものは市販のベビーカステラのような形にならず、たこ焼きの出来損ないみたいな形に(>.<)。でも味はなかなかいけました。粉が少し濃かったためか、8つも食べるとお腹がいっぱいになりました。
 家人は、次はカステラの生地でリベンジすると申しておりました。

ベビーカステラ 焼く前 (800x600).jpg

焼く前。トッピングの材料と。

ベビーカステラ 焼いている途中 (800x600).jpg

焼いている途中

ベビーカステラ 焼き上がり (800x600).jpg

焼き上がり

ベビーカステラ できあがり (800x600).jpg

お皿にのせてできあがり

posted by 高階杞一 at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月29日

「びーぐる」33号、刊行!

 「びーぐる」33号が出ました。
 と言っても、もう10日ほど前に出ていたのですが、バタバタしていて紹介が遅くなってしまいました。
 今号の特集は「黒田喜夫の世界性を問い直す」。論考、アンケート、作品抄、略年譜などから成っています。
 連載17回目となる「詩歌の植物」の今回のタイトルは「植物もヘンシーン!」。さまざまに変身(?)する植物について書いています。紅葉や黄葉の仕組みについても紹介しています。これからの紅葉シーズン、樹木の葉が赤くなったり黄色くなったりするのはこういう仕組みによるんだと、話のタネになるかもしれません。御一読を。
 詳細は山田兼士さんのホームページ(33号の目次)をご覧下さい。
 http://yamadakenji.la.coocan.jp/1beagle.htm
 定価1,000円(税込み)。発行所「澪標」。
 入手方法
 澪標に電話(06-6944-0869)またはメール(matsumura@miotsukushi.co.jp)で注文。

びーぐる33号 表紙.jpg

 昨日までガーネット次号の発送作業をしていました。やっと完了。後はできあがってくるのを待つばかり。来月末までにまたいくつかの締め切りがありますが、それまでほんの少しだけゆっくりとできそうです。

posted by 高階杞一 at 12:15| Comment(0) | びーぐる

2016年10月25日

ガーネット80号、編集完了!

 ガーネット次号(80号)の編集が完了し、さきほど印刷所に入稿しました。
 予定より2日ほど遅れましたが、仕上がりは11月1日なので、ギリギリ発行日には間に合いました。自宅には翌2日に届く予定です。
 今回の拙作は1篇で6ページ。これは全体のページ数に合わせるために長めのものを書くことになりました。自分で編集をしていると、どうしても最後は自分の原稿でページ調整をせざるを得なくなってきます。ガーネットタイムも8行ほどはみ出たために、一旦書き上げていた原稿からその分削ることになりました。結果としては文章が引き締まってよくなったような気もしますが。なかなか大変です。
 総ページ数は72ページ。読者のお手元には11月6日(日)頃までに届くと思います。お楽しみに!

 びーぐるの最新号も20日には届いています。
 こちらの内容についてはまた後日。

posted by 高階杞一 at 19:09| Comment(0) | 日記