2016年10月12日

ハドソン川の奇跡

 昨日は忙中閑ありで映画を観にいってきました。クリント・イーストウッド監督の「ハドソン川の奇跡」。
 10分ほど前に館内に入ると観客はゼロ。これは貸し切りかもと喜んだのですが、直前に2組入ってきて、結局観客は3組(5人)。平日の夕方とは言え、これは少なすぎ。前評判がよかった映画なのに、どうしてだろうと思っているうちに映画は始まりました。
 見終わった感想は、微妙です。イーストウッド監督らしく、登場人物の心理などうまく描けていたし、決して悪い映画ではなかったのですが、盛り上がりに欠けていて、その点でやや不満が残る映画でした。上映時間96分という短さも影響しているのかもしれません。

 http://wwws.warnerbros.co.jp/hudson-kiseki/

 仕事の方はガーネットの編集にびーぐる次々号の準備作業も重なってきて、かなりキビシイ状態になってきました。もうすぐ柳波賞の選考会もあるし…。何とか乗り切るしかありません。
 
posted by 高階杞一 at 11:45| Comment(0) | 日記