2016年11月28日

びーぐる、新連載

 びーぐる次号の原稿、ノルマだった2つの原稿を書き終えて、先日編集部に送りました。
 ひとつは特集原稿。もうひとつは新連載の原稿です。
 「詩歌の植物」が終了したので、何か新しい連載を、と編集部から言われていた原稿です。どんな連載にするか、決めるまでずいぶんと悩みました。
 最初に思いついたのは、「徹子の部屋」になぞらえて「きいちの部屋」。これは毎回ゲストを招いて対談するというもの。1回目のゲストは、大ファンである高島俊男さん。ガーネット・タイム(80号)で高島さんのことを書くついでにその著書の数を数えたら、27冊ありました。これは一人の作家の蔵書としては最も多い。
 こんなふうに考えたものの、2回目以降のゲストが思い浮かばない。もちろん会いたい人はいっぱいいるけれど、たいてい関東方面で、これでは時間も旅費もかかる。ということで断念。
 家人に何かアイディアはないかと尋ねると、詩の故郷を訪ねるというのはどうかという。全国各地、詩の生まれた場所を訪ねるというもの。なかなかいい案だが、これも時間と旅費がかかりすぎるということで却下。
 結局思いついたのが、詩を書きはじめた頃のあれこれを、詩人たちとの交遊もまじえながら書くというもの。タイトルは「セピア色のノートから」(ちょっとダサい気もするけれど、ほかに思いつかなくて)。1回目は「詩芸術」のことについて書いています。この後の連載では松下育男さんや岩佐なをさんらも登場する予定です。詩的青春記のようなものになればと思っているのですが、さてどうなるか。

posted by 高階杞一 at 11:44| Comment(0) | びーぐる