2016年12月05日

絶版状態

 先日、ヤフーオークションを見ていたら、『早く家へ帰りたい』(夏葉社版)が出ていました。定価と同じ値段。ついに在庫がなくなったのだろうか。念のためアマゾンで調べると、やはり中古品ばかりでした。
 2ヶ月ほど前、夏葉社代表の島田さんとメールでやりとりしていたら、在庫が5冊になりました、とおっしゃっていた。復刊されたのが3年前。発行部数2500。完売したのはうれしいけれど、これでまたしばらく絶版状態になりそうです。

 ヤフオクを見ていたのは、コピー機(複写機)を買うため。ずいぶん前に不調になったので、新品を買おうと家電量販店に行ったのですが、今や家庭用のコピー専用機はなくなり、プリンターの複合機ばかり。コピー機も需要がなくなり、絶版状態(?)になったようです。

 仕事の方は、中断していた「詩歌の植物」の推敲にかかるつもりです。来年、刊行できたらいいのですが。

posted by 高階杞一 at 11:49| Comment(0) |

2016年12月03日

講演、終了

 今日は豊橋市に講演に行ってきました。新幹線のひかりに乗って、新大阪から豊橋まで1時間半。
 すごくいい天気で、車窓の風景が師走とは思えないほど明るく輝いていました。
 講演の演題は「薫と達治」。丸山薫の全集を買い込んで、猛勉強(?)したおかげで、何とか無事にすませることができました。聴きに来てくださった方々も、熱心に耳を傾けてくださり、こちらも気持よく話すことができました。みなさん、ありがとうございました。スタッフの皆さんもお疲れ様でした。そして、ありがとうございました。

 このあとは、差し迫った締め切りもなく、しばらくゆっくりとできそうです。
 あ、忘れていましたが、今月末、26日には上京します。詩に関連することではなく、荒木一郎さんのイベントに参加するのが目的です。毎年恒例のファンクラブ会員限定のイベントで、僕は会員ではありませんが、ファンクラブ会員である親戚のおじさんに誘われての参加です。歌だけでなく、マジックなどのショーもあるようで、楽しみです。

posted by 高階杞一 at 21:58| Comment(0) |