2016年12月30日

詩集年間ベスト17+α

 年末恒例の「今年の詩集・年間ベスト」を挙げることにします。今年はベスト17。ここ3ヶ月ほどの間に届 いた詩集はまだよく目を通していないので、一応去年の10月から今年の9月末位までということで(順不同)。

・「遠葬」(思潮社)萩野なつみ
・「汚れた部屋」(澪標)mako nisyitani
・「雪ひとひら、ひとひらが妹のように思える日よ」(書肆 子午線)河口夏実
・「氷菓とカンタータ」(書肆山田)財部鳥子
・「その日まで」(ジャンクション・ハーベスト)草野信子
・「わが博物誌より」(土曜美術社出版販売)狩野敏也
・「発車メロディ」(詩遊社)林美佐子
・「スカート」(洪水企画)南川優子
・「パンと、」(思潮社)岩佐なを
・「こんなもん」(生き事書店)坂多瑩子
・「答えのない季節」(明文書房)井上敬二
・「真珠川 Barroco」(思潮社)北原千代
・「夜への予告」(七月堂)藤井晴美
・「束」(思潮社)阿部嘉昭
・「アオキ」(編集工房ノア)神尾和寿
・「詩集 怪獣」「ハンバーグ研究」廿楽順治
・「まどさんへの質問」(思潮社)大橋政人

番外編 (歌集・評論・エッセイ等)
・「連句茶話」(編集工房ノア)鈴木漠
・「心に太陽を くちびるに詩を」(新日本出版社)Pippo(ぴっぽ)
・「法廷通訳人」(港の人)丁海玉(チョン・ヘイオク)
・「花は散るもの人は死ぬもの」(花神社)長嶋南子
・歌集「瀬戸際レモン」(書肆侃侃房)蒼井杏
・歌集「夜にあやまってくれ」(書肆侃侃房)鈴木晴香
・歌集「水銀飛行」(書肆侃侃房)中山俊一

 今年も残り1日。今日は大掃除を少しだけする予定です。

posted by 高階杞一 at 11:40| Comment(0) | 日記