2017年01月19日

「びーぐる」34号、刊行!

 「びーぐる」34号が出ました。
 今号の特集は「再発見 黒瀬勝巳」。黒瀬勝巳と言ってもご存じない方が多いと思いますが、とてもいい詩を書いていた詩人です。1945年京都市生まれ。1981年に36歳の若さで亡くなっています。もっと多くの人に彼の詩を読んでもらいたい、そんな願いを込めて企画しました。生前に親交のあった方々を含め、12人の方に原稿を寄せてもらっています。僕も長めの紹介文を書いています。ぜひ御一読を!
 連載17回で終了となった「詩歌の植物」に代わって、今号から新たな連載を始めました。タイトルは「セピア色のノートから」。まだ詩を書きはじめた頃、大学ノートにさまざまな詩を書き写していました。そのノートをめくりつつ、当時の思い出を綴っていこうという趣向です。第1回は「詩芸術の頃」と題し、詩人の清水哲夫さんを取り上げました(清水哲男の誤記ではありません)。こちらも特集と併せて御一読を。

 詳細は山田兼士さんのホームページ(34号の目次)をご覧下さい。
 http://yamadakenji.la.coocan.jp/1beagle.htm
 定価1,000円(税込み)。発行所「澪標」。
 入手方法
 澪標に電話(06-6944-0869)またはメール(matsumura@miotsukushi.co.jp)で注文。

びーぐる34号 表紙.jpg

posted by 高階杞一 at 12:49| Comment(0) | びーぐる