2017年07月26日

夏休み!

 昨日で大学の前期は終了。今年の学生たちは予想に反して脱落者はほとんどなし。例年なら、5月の連休を過ぎた頃から一人減り二人減りして、前期も終わる頃には3割近く授業に出て来なくなるのですが、今年の脱落者はまだ一人だけ。優秀です。まあこれが当たり前ではあるのですが。
 何はともあれ、今日から夏休み。週に一度だけの出講ですが、授業があるのとないのと気分的にはかなり違います。締め切りもしばらくないので、ゆっくりと読書でもしようかと思っています。

 昨日の帰り、大阪・中崎町にある「葉ね文庫」に拙著を大量に抱えて行きました。「葉ね文庫」は詩歌専門の書店で、詩歌人にはよく知られた書店のようですが、ぼくはつい最近知りました。ガーネットを置きたいとの依頼があり、そのついでに拙著もとなった次第です。この詳細についてはまた後日お伝えします。

 拙著といえば、5月に初の散文集『詩歌の植物 アカシアはアカシアか?』が出て、今月初めには詩集『夜とぼくとベンジャミン』が出ました。どちらにもたくさんの感想が返って来ています。ていねいに感想を寄せてくださった皆様にはこの場を借りてお礼申し上げます。

posted by 高階杞一 at 13:02| Comment(0) |