2017年08月27日

ハンドスピナー&静大育ち

 今日は昼に静岡のオモロイおじさんが来訪。
 お土産にと持ってきてくれたのがハンドスピナー。テレビのワイドショーなどで取り上げられているのを見たことがあるけれど、実物を見るのは初めて。実際回してみると、クルクルとよく回ります。しかしなぜこんなものが夢中になるほど流行しているのか、疑問。おじさんの孫(10歳)が夢中で遊んでいるとのこと。こどもにはおもしろいかもしれないけれど、大人にはなあ。と思うけれど、大人でもけっこうはまっている人が多いようです。世の中何が流行るのか分からない(?)。見たことのない人は次の記事をご覧ください。

 https://www.buzzfeed.com/jp/yuyayoshida/handspinner?utm_term=.rm4K17QWK#.qcx03MEd0

 もうひとつのお土産は「静大育ち」。こちらは宅急便で事前に送ってきてくれました。
 「静大育ちを送る」とメールが来た時、何のことか分からずに尋ねたら、日本酒でした。静岡大学農学部の先輩が県工業試験場で開発した酵母を使ったお酒で、その酵母は全国の酒造会社に広まり、吟醸酒の品質を高めたとのこと。「静大育ち」はその中のひとつで、静岡大学でしか販売されていないブランド酒。最初、「静大育ち」と聞いた時は、まさかお酒の名前とは思いませんでした。
 早速頂きましたが、フルーティでちょっと薬草のような味のするお酒でした。
 これも詳しくは次のサイトをご覧ください。

 http://tabi.chunichi.co.jp/odekake/0316002shizuoka_nihonshu.html

 お好み焼きを食べつつ、ビールを飲みつつ、とどまることなくしゃべりつつ、おじさんは夕方には機嫌よく静岡へ帰って行かれました。

ハンドスピナー (800x600).jpg


静大育ち(箱) (600x800).jpg

posted by 高階杞一 at 23:13| Comment(0) | 日記

2017年08月22日

スクーリング&検査結果

 一昨日は大学のスクーリング。昨日は3週間ほど前に受けた食道癌の定期検査(内視鏡)の結果報告。2日続けての外出になりました。
 スクーリングは出席予定9名の内3名が欠席して6名。詩はほとんど読んだこともなく、書いたこともないという初心者ばかり。まず「詩とは何か」という話から始め、最後の実作・合評まで4コマ、6時間。さすがに疲れましたが、みなさん、熱心に聴いてくださいました。これで詩に興味を持ち、これからも読んでみようという人がいたら、やった甲斐があるというものですが。

 食道癌の検査結果は異常なし。癌の再発も見られないとのことでホッとしました。手術をしてから丸3年。一度目の手術の時は5年目で再発したので、まだ安心はできませんが。

 長い夏休みも残り3週間ほど。そろそろ近づいてきた締め切りの原稿にでもかかろうかなと思っています。

posted by 高階杞一 at 11:14| Comment(0) | 日記

2017年08月19日

トイレ修理奮闘記−観察から発見へ

 先日書いた洗浄式トイレのカランから水が出なくなった件ですが、修理を頼んだら2万円近く取られそうなので、自分で直してみることにしました。
 まずは原因究明ということで、タンクの蓋を開け、内部を観察。すると水が漏れている箇所がありました。どうもこの辺りの部品が原因のようです。こちらがそうしている間、家人はネットで同じような事例を検索。そして、ユーチューブに修理の様子を撮った動画があるのを発見。それを見たら、まさにこちらが原因と思った部品を取り換えている様子が映っていました。これで原因は判明。
 次はその部品(ダイヤフラムという名前の部品のようです)の品番を調査。ネットであれこれと調べても、古い製品なので、それらしいものが出てきません。それならとメーカーに電話をしたら、生産中止になっているので部品もありませんとつれない返事。どうしよう、買い換えるしかないかと諦めかけたのですが、一か八かユーチューブの動画に出ていたのと同じ部品で試してみることにしました。アマゾンで送料を含めても900円ほど。これならダメでも諦めがつくと。
 そして今日、その部品が届いたので、早速取り換えてみました。時間は30分ほど。止めていた止水栓を元に戻し、水を流してみると、成功! カランから水が出てきました。
 でも、何だかおかしい。カランの水が止まっても、まだタンクの中で水の流れているような音がする……。
 気になって、また1からやりなおし。タンクの蓋を開けると、別なところから水がちょろちょろと出ていました。止水栓を止めても水が止まらない。ほかの蛇口の水はみんな止まっているのに、なぜ? ひょっとしてここだけ別の家の管につながっている? 盗水? またまた原因究明。これは止水栓がきちんと閉まっていなかったことが原因でした。でも、ほかの蛇口の水はみんな止まっているのにここだけなぜ? これは原因不明のままになりました。
 何はともあれ、もう一度取り換えた部品をはずし、あれこれすること2時間ほど。結局、部品のかみ合わせがうまくいってなかったことが原因だと判明。きちんと付け直すと、やっと正常な状態になりました。やれやれ。素人でもやればできるもんです。詩と同じように、まずは観察が大事、と思ったことでした。

 詩と言えば、明日は大学のスクーリング。2限目から5限目までみっちり授業。いつものように「詩は発見と飛躍。発見をするためには観察が大事」といった話をする予定です。

posted by 高階杞一 at 18:54| Comment(0) | 日記

2017年08月16日

異常なし、のような…

 今日は先週受けたCT検査の結果を聞きに病院へ行ってきました。結果は、ほぼ異常なし。ほぼというのは、腎臓などに小さな石があるとのことで、これが動いたときに粘膜を傷つけ、それで血が出たのではないかということでした。今まで何度も結石の経験はあるけれど、石が動いたときはすごい痛みが走るのに、今回はまったく痛みなし。胃カメラのヨードも関係ないとのことでした。それじゃ血尿の本当の原因は何なのか、何だかよく分からないままでした。
 前立腺癌が疑われるPSAの値についても、前立腺が肥大気味なので、それで値が高くなっている可能性もあるとのことで、その治療薬をもらってきました。これを3週間ほど飲んで、再度検査をすることになりました。ひとつ検査をすると、また別の悪いところが見つかったりする、これは体自体が古くなってきているので、いろんな不具合が出てきてもやむを得ないことかもしれません。
 昨日から洗浄式トイレの手洗いの水が出なくなりました。取り付けてから15年ほど経つので、これも老化による不具合のようです。

 今日は昼からお墓参りに行きます。
 まだもう少しこちらで元気でいられるようにと、お願いしてくるつもりです。

posted by 高階杞一 at 13:13| Comment(0) | 日記

2017年08月10日

血尿?

 10日ほど前の夜、赤い尿が出てびっくり。赤いと言っても真っ赤ではなく、赤ワインのような色。どちらにしてもこれはただ事ではないと、次の日、泌尿器専門の病院へ行きました。尿検査、エコー、血液検査などをして、いずれも特に異常なし。ただ血液検査では、前立腺癌の判断基準となるPSAという値が正常より少し高いと言われましたが、ほんの少しだけなので、こちらは様子見といったところです。
 血尿の原因を詳しく調べるために、今日はCTの検査を受けてきました。この結果は来週出ます。問題がなければいいんだけれど、それはそれで、では血尿の原因は何かということになってきます。
 赤い尿は一度出たきりで、その後は1回も出ていません。特に身体に異状もなく、不思議です。その3日ほど前に食道癌の定期検査で内視鏡検査をして、そのとき散布されたヨード(?)が尿といっしょに出てきたのかな、と思ったりもしますが、3日も経ってから出るなんて、そんなことがあるのかな?
 いずれにしても、検査結果が出て、早くスッキリしたいところです。

 明日から世間ではお盆休みですが、こちらはお墓参りに行くぐらいで、ほかには特に予定なし。
 旧仮名の勉強を継続中。今読んでいるのは 福田恆存さんの『私の國語教室』。なかなかいい本です。
 
posted by 高階杞一 at 16:11| Comment(0) | 日記