2019年05月13日

新刊3冊−その2

 先日の新刊紹介の続きです。「ガーネット」同人・大橋政人の初エッセイ集『まど・みちおという詩人の正体』(未来社)と「びーぐる」編集同人・山田兼士の第5詩集『羽の音が告げたこと』(砂子屋書房)の2冊。
 『まど・みちおという詩人の正体』は、まど・みちおの信奉者とも言えるほど熱烈なファンである大橋政人がガーネットをはじめとして各誌に書いたまどさんに関わるエッセイを中心にまとめた書。ここで大橋はまど・みちおの詩を神秘主義という観点から捉えようとしている。まど・みちおと神秘主義というのは違和感を覚えるが、本書を読めばなるほどと納得されてきたりもする。
「(まどさんの詩の)アリやリンゴから神々しさが漂ってくる。まど・みちおという詩人は明治以降の詩の歴史の中で全く類例のない、神秘主義詩人という名の詩人だった。そう呼ぶのがまどさんには一番ふさわしいように思われる。」(「まど・みちおという詩人の正体(その1)」より)

 山田兼士『羽の音が告げたこと』は、家族を描いたこれまでの詩集の延長線上にある詩集だが、本書では「父」がメインテーマとなっている。自分の「父」、そして「父」である自分。昭和から平成へと至る時代の様相が、「父」というフィルターを通して描かれている。
「母の死から五年後/父も死んで/消えていく家族の儚さゆえ/軽い虚脱感を覚え始めた二十代の終わり頃//そんな時 そこに/生まれてきた きみは/透明な羽を背にのせていた/ぼくを父にするために」(「羽の音が告げたこと」より)

posted by 高階杞一 at 12:13| Comment(0) |