2015年09月26日

ハルキ文庫 裏話あれこれ(4)

 前回は年譜の文字数が大幅に超えて縮めるのに苦労した話を書きましたが、今回は掲載した写真について。
 扉に載せる近影についてはすぐに決まりましたが、苦労したのは年譜に載せる幼少期の写真。古いアルバムを引っ張り出して探したのですが、どうもこれといったものが見つかりません。思案した挙げ句、祖母に抱かれた赤子の時の写真から中学生の時の写真まで数枚を選び、編集者に送りました。
 送った後も、どうも気になって、ほかに何か写真はないかと考えているとき、ふっと実家のアルバムにあるのではないかと思いつき、電話をして、妹に送ってもらうように頼みました。すぐに10枚ほど送られてきて、その中に割といいものがあったので、その中からまた数枚を選び編集者に送りました。
 結果、最初に送ったものの中から中学生の時の写真と、後から送った中から4歳時の家族写真が選ばれ、掲載されることになりました。後者の家族写真は、昭和30年代の雰囲気がよく出ていると好評でした。まさに「三丁目の夕日」の世界。お膳を囲み、みんな笑顔で写っています。僕は正座をして振り向いています。こどもの頃はこんなふうに正座していたんだと、妙に感心。今は10分も正座していたら、しびれて立てなくなりますが。
 ハルキ文庫をお持ちでない方のために、ここにその写真を公開します。それともう1枚、使われなかった写真も見ていただければ幸いです。

4歳。家族写真。.JPG


3歳の頃(公園).JPG


 裏話もこれで最終回。これまでの4話を読んで、年譜だけでも読む価値ありと、買って下さる方がいたらいいんだけれど。甘い、かな?

posted by 高階杞一 at 18:01| Comment(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: