2015年12月31日

1年の終わりに

 今年も今日で終わり。世界各地では今年も紛争が絶えず、フランスでは100人を超える死者を出すテロなどがありました。国内では国立競技場の建て替え問題やエンブレムの選考やり直し、安保関連法への反対デモ、沖縄の米軍基地移設反対運動などで揺れました。
 自然災害も多くありました。ネパールでの大地震、口永良部島や阿蘇山での噴火、豪雨による鬼怒川の堤防決壊などまだ記憶に生々しく残っています。
 国内でめでたいことと言えば、ラグビーW杯での日本代表の活躍とノーベル賞の2人同時受賞ぐらいでしょうか。
 私的にはどうだったかと振り返ってみると、まあまあいい1年であったように思えます。 5月には14冊目の新詩集『水の町』が出、8月にはハルキ文庫『高階杞一詩集』が出ました。どちらも新聞や雑誌で取り上げられ、それなりに好評を持って迎えられたのはうれしくありがたいことでした。
 年内の最後の最後に、書評家の岡崎武志さんがラジオ番組で「年末年始に読んでほしい3冊」にハルキ文庫を入れてくださったことを知り、これもうれしいことでした。「今夜もオトパラ」という番組ですが、これは関東だけでやっている番組だろうか?

 http://www.1242.com/program/otopara/2015/12/29/

 空とぶキリン社の詩集は去年と同様2冊を刊行。南風桃子詩集『うずら』と隅田有詩集『クロッシング』。
 そんなあれやこれやで今年も仕事に追われる1年になりました。
 来年は詩集とエッセイ集をそれぞれ1冊ずつ出せたらいいなと思っています。さてどうなるか。

 今日は昼から大晦日恒例の日帰り温泉へ行ってきました。家から車で20分ほどのところにある「ぽかぽか温泉」。

 http://www.pokaon-k.com/

 けっこう混んでいましたが、温かい湯に浸かり、1年の疲れを癒すことができました。この後はお酒を飲みつつ、紅白でも見ながら自宅で新年を迎えるつもりです。
 皆さまもどうぞよい年をお迎えください。

posted by 高階杞一 at 18:24| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: