2016年04月21日

びーぐる31号刊行

 「びーぐる」31号が出ました。今号の特集は「土地の詩学」。土地や地名が詩の中でどんな役割を担っているのか、それを探ろうというのが今回の企画意図です。佐藤弓生、高橋秀明、中嶋康博、小池昌代等13氏による論考を掲載しています。拙作のタイトルは「故郷への愛着と憎悪」。宮沢賢治、萩原朔太郎、三好達治、そして自身の土地(故郷)との関係を述べています。
 連載15回目となる「詩歌の植物」の今回のタイトルは「屋根の上のアイリス」。カキツバタ、ハナショウブ、イチハツなど外見上見分けにくいアヤメ科(アイリス)の植物について書いています。見分け方から始まって、屋根の上に植えられたアイリスの謎等、今回も目から鱗のことが多々あるかと思います。御一読を。
 あとがきではちょっとしたクイズを書いています。大阪の地名の読み方。立売堀、杭全、丼池、喜連瓜破、茨田。さていくつ読めるでしょうか? 大阪に住んでいる人でも難しいのでは?

 今号の詳細は山田兼士さんのホームページ(31号の目次)をご覧下さい。
 http://homepage2.nifty.com/yamadakenji/1beagle.htm

びーぐる31号 表紙.jpg

posted by 高階杞一 at 11:52| Comment(0) | びーぐる
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: