2016年06月16日

梅雨の情景

 梅雨入りしてから1週間ほど。雨に降られるのはイヤだけど、雨に濡れたみどりの情景はきれいで、いいなあと思います。田植えも終わり、水田には小さな苗が並んでいます。日本の原風景と言われたりしますが、千年前、2千年前には見渡す限りの水田が広がっていたんだろうなと思うと、時間を越えて、そこに、それを眺めていた自分がいたように思えてきたりします。
 こんな時期の水田を詩に書いたことがあります。ふっと思い出したので掲載します。

         初夏

  郵便屋さんがくる
  山の上からゆっくりと
  夏をつれて下りてくる
  水を張った田んぼには
  白い雲が落ち
  みどりの苗が
  文字のように並んでる

  あれは
  誰への手紙だろう

     ゴメンネ 遅クナッテ

  と
  声がして

  遠い
  はるかな所から
  郵便屋さんがやってくる
  ぼくのポストへ
  一歩一歩
  夏といっしょにやってくる
            (『空への質問』より)

 びーぐるの「詩歌の植物」を昨日書き上げ、編集部に送りました。今回の題材は「蓮」。原稿用紙に換算して26枚。今までで1番か2番目ぐらいに長いものになりました。長いけれど、推理仕立てのような感じで書いたので、けっこうおもしろく読んでもらえるのではないかと思っています。乞う、ご期待。

posted by 高階杞一 at 12:02| Comment(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: