2017年04月17日

第3回びーぐる詩祭、終了。

 昨日は3回目のびーぐる詩祭がありました。場所は大阪・谷町六丁目の大阪文学学校内。
 急な開催だったので案内が行き届かず、参加者は少な目。15,6人位だったかな。それでもスタッフを入れると25人ほどになり、何とか形になりました。遠方から北爪満喜さん(東京、現投稿作品選者)、隅田有さん(東京、第1回びーぐるの新人)、北川朱実さん(三重)、白島真さん(岐阜)なども参加してくださり、ありがたいことでした。
 詩祭は3部構成で、第1部は座談会。高階、四元、山田の編集同人3名(細見は所用で欠席)に加えて、創刊以来詩集時評などで協力してもらっているガーネットの神尾和寿、表紙装幀の倉本修さん、そして今年度びーぐるの新人の黒田ナオさんの計6名で、びーぐるのこれまでのことや今後のことなどについてあれこれ75分ほど話しました。第2部は疋田龍乃介こと笑福亭智丸の落語。普段は口数が少ない方なのに、高座に上がると人が変わったように流暢に喋る。さすがプロだなと感心しました。第3部はオープンマイクによる詩の朗読。6人ほどが自作の詩を朗読し、無事に終了しました。
 懇親会は近くの居酒屋で。遅れてきた細見も加わり、3時間ほど。何を話したのか、あまり記憶に残っていないけど、お酒もたくさん飲んで、楽しい懇親会になりました。
 家には10時過ぎに着き、12時頃にフトンに入ったけれど、またもや目が覚めて、時計を見るとまだ2時半。それから眠れないので起きて、また寝酒を飲みつつ、結局、寝たのは5時過ぎになりました。

posted by 高階杞一 at 12:19| Comment(0) | びーぐる
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: