2017年07月21日

「びーぐる」36号、刊行! & 直木賞・佐藤正午

「びーぐる」36号が出ました。
 今号の特集は「ボードレールと現代」。没後150年にあわせての特集です。論考、エッセイ、アンケートの3本柱からなっています。執筆陣は粟津則雄、安藤元雄、鈴村和成ほか多数。
 拙作「セピア色のノートから」連載3回目は、岩佐なをさんを取り上げました。「詩芸術」に投稿された初期詩篇も多く引用しています。
 4月に開催された「第3回びーぐる詩祭」座談会の模様も収録。
 定期購読者への特典「別冊付録」の今回のテーマは「夏」。編集同人の計8作品を収めています。ぜひご購読を。

 詳細は山田兼士さんのホームページ(36号の目次)をご覧下さい。
 http://yamadakenji.la.coocan.jp/1beagle.htm
 定価1,000円(税込み)。発行所「澪標」。
 入手方法
 澪標に電話(06-6944-0869)またはメール(matsumura@miotsukushi.co.jp)で注文。

 昨日、芥川賞と直木賞の発表があり、直木賞には佐藤正午さんの「月の満ち欠け」が決まった。
 氏のデビュー作「永遠の1/2」はとてもおもしろい小説だった。その後数冊読んだが、それ以来ずっとご無沙汰だった。今回の受賞はめでたいことではあるけれど、直木賞よりも芥川賞の方が氏にはふさわしい気がする(芥川賞は新人が対象なので今は無理だけど)。ストーリーよりも文体で読ませる作家なのでそんな気がするのだが、まあ、それはともかく、今回の受賞で氏の作品があらためて注目されるのはいいことだと思う。

びーぐる36号表紙.jpg

posted by 高階杞一 at 11:53| Comment(0) | びーぐる
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: