2018年03月31日

地獄の7時間

 今日は最悪の1日でした。10時過ぎに朝食を食べ終わり、いつものように降圧剤の錠剤を飲んだところ、それが喉に詰まってしまったのでした。4年前の食道癌の手術のあと、剥ぎ取った食道の部位が極端に細くなり、それ以来小さな錠剤でさえ詰まるようになったので、いつも歯でかじって小さくしてから飲み込んでいたのですが、今日は何気なくそのまま飲み込んでしまい、しまったと思ったときには後の祭り。
 いつもなら長くても1時間ぐらいで喉を通るのですが、今日は1時間経っても2時間経っても通らない。喉が詰まった経験のある人なら分かると思うのですが、水でさえ喉を通らず、えずくような感じで非常に苦しい。10分起きぐらいに洗面所に行っては、喉元に逆流してくる胃液のようなものを吐き出すのことの繰り返し。そうして3時間が過ぎ、4時間が過ぎ……。5時間が過ぎた頃にはもうこれはダメだと思い、救急車を呼ぶことも考えたのですが、ちょっとそれは恥ずかしい。それで近隣の救急病院をネットで探し、家人に電話をかけてもらったのですが、土曜ということもあってどこも断られ、5件目ぐらいにかけた三田の総合病院でやっと受け入れてもらえることになり、家人の運転する車で行きました。
 病院に着いたのが4時過ぎ。そうして診察室に呼ばれたのが5時少し前。まだ若い女医さんの前に坐り、診察を受けようとしたそのとき、口へあふれてきたものをゴクリと飲み込んだら、何と!喉が通ったのでした。自分でもびっくり。通ったようですと言って、確認のために水をもらって飲んだらちゃんと普通に飲める。通りましたと再度言ったら、女医さんも看護婦さんも大笑い。こちらもつられて照れ笑い。
 そうして、地獄のような7時間からやっと解放されたのでした。結局治療を受けることもなく終わったのですが、きっちり診察代は取られました。ああ4,360円(>.<)。

 一昨日は風呂場で滑って転び、右脚と頭を殴打。幸い頭はそれほど強く打たなかったみたいで痛みはないのですが、昨日起きたとき、右肩に激しい痛みがありました。たぶん、転んだときとっさに右手でかばったためかもしれません。
 一昨日から今日まで、さんざんな3月末の日々になりました。

posted by 高階杞一 at 20:30| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: