2018年04月06日

びーぐる編集会議&続・イヌノフグリとホトケノザ

 昨日はびーぐるの編集会議がありました。店に着くと、ちょうど山田・細見の両名もいて、入り口の所で何やら店員と話し中。どうしたのか聞くと、予約がされていないとのこと。そんなはずはないと言い、何とか部屋に案内してもらいました。あとで店員に事情を聞くと、木曜なのに、水曜日の予約表を見ていたとのこと。そりゃあなくて当たり前。店員の単純ミスでした。
 編集会議では次々号以降の連載(投稿欄と俳句時評)担当者の人選や特集内容について話し合いました。どちらもスムーズに決まり、あとはあれこれ四方山話を2時間半ほど。8時半頃に店を出て帰宅の途につきました。

 一昨日書いた岩切正一郎さんの詩について。イヌノフグリとホトケノザは間違いではないかと書いたところ、知人のEさんを通じて御本人から返事がありました。まず引用したイヌノブグリはイヌフグリのこちらの入力ミス。これは略称で、イヌタデの異称であるアカノママをアカママというのと同じことですね。再度正確にその部分を記します。「踏切のそばの和菓子屋で/桜餅を買い/ホトケノザとイヌフグリの咲く/ひとけのない道を歩いた」。
 このイヌフグリについて、結論から言えばやはりオオイヌノフグリが正しく、御本人によれば、「長いので慣用(誤用?)の短いほうを使いました。」とのこと。ハナショウブを単にショウブと言ったりするのと同じ用法ですね。ただ、ハナショウブの場合ほどポピュラーではないので(慣用化されていないので)、ここはやはり正確にオオイヌノフグリと書いた方がいいように思います。
 ホトケノザの方は間違いではなく、「近所の野川のほとりにも咲いています。」とのこと。イヌノフグリほどまだ外来種に侵されていないということで一安心(?)。さらに、ホトケノザの「ほとけ」と「ひとけのない道」の「ひとけ」を掛けたとのこと。なるほど。
 岩切さんが参照されたという日本国語大辞典には「いぬふぐり」について、「近年は、外来種のるり色の花を付けるオオイヌノフグリをさすことが多い。《季・春》」と書かれているとのこと。しかしこれではイヌフグリがオオイヌノフグリを含む総称と言うことになってしまい、解説としては不適切だと思えます。
 辞典や歳時記を見ていても、誤った(または不正確な)記述が多いので、注意が必要です。
 こうしたことについては拙著『詩歌の植物 アカシアはアカシアか?』に詳しく書いていますので、ご覧いただければ幸いです。最後はちょっと宣伝みたいにになってしまいました(笑)。

posted by 高階杞一 at 11:10| Comment(0) | びーぐる
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: