2018年04月09日

ワンコたちが絶不調

 このところワンコたちの体調が不良で、毎日のように病院へ連れて行っています。
 まず先週の水曜日(4日)にコッコが突然何も食べなくなり、胃液を大量に吐くようになりました。元々生理による疑似妊娠でドッグフードなどほとんど食べない状態が続いていたのですが、それでもおやつなどは喜んで食べていました。それがおやつでさえ食べなくなるというのは異常事態。翌日、僕がびーぐるの編集会議に出かけたあと、家人が病院へ連れて行きました。血液検査などしたあと、いくつか原因となることが見つかったのですが特定までできず、とりあえず点滴を受け、抗生剤の注射をしてもらって帰ってきました。それでもまだ何も食べない状態が続いたので、翌日また病院へ行き前日と同じく点滴と抗生剤の注射。この抗生剤が効いてきたのか、少しずつおやつを食べるようになり、体調も回復してきました。
 ところがこれと入れ替わるようにして、今度はホッピーが同じような症状になりました。変化が現れてのはコッコが大量に胃液を吐いた翌日(5日)から。大食漢だったのにご飯を半分ほど残し、6日にはおやつもまったく食べなくなりました。まるでコッコの症状にシンクロしたかのようです。それで7日(土)には病院へ連れて行き、コッコと同じように点滴と抗生剤の注射をしてもらって帰ってきました。先生によると、ストレスが原因ではないかと言うことですが、はたしてどうなのか。繊細な子なので、考えられなくもないですが…。
 そして今日、コッコはだいぶん元気になってきましたが、ホッピーはまだご飯もおやつも口にしないまま。今日もう一度病院へ連れて行くつもりです。もう14歳で、心臓の状態も悪く、その薬も飲み始めたばかりなので、心配です。
 ホッピー、コッコ、早く元気になってね。

posted by 高階杞一 at 12:26| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: