2018年04月11日

とぶりんネット感謝祭−藤富保男『点』&『キリンの洗濯』

 空とぶキリン社の本と拙著を販売する「空とぶキリン・ネット書店」(略称:とぶりんネット)が開店5周年を記念して「とぶりんネット感謝祭」を開催しています。書店内の本を購入すると購入金額に応じて様々なプレゼントをするほか、金額に関係なく貴重な本を進呈する「お裾分けプレゼント」も用意しています。
 この「お裾分けプレゼント」は藤富保男詩集『点』と「VOU」会員で日本のシュルレアリスム運動の草分け的存在である山本悍右のイラスト&詩の絵はがき(7枚組)の2種類。どちらも貴重なものですが、特に藤富さんの『点』はいわゆる豆本(9×12p)で、稀覯本とも言えるもの。1996年発行で定価は5,000円(当時の消費税3%込みの値段)。本の序文には次のように記されている。
 「ここに集めた10篇は、僕が27歳当時思い付いたまま書いた断片である。すなわち詩が線になっていないで、点として浮遊していた当時である。どういうわけか、いずれの詩集にも入れていない作品ばかりで、1955年の紙袋の中でねむっていた。(以下略)」
 この『点』と絵葉書を入手した経緯は次のような次第。
 藤富さんが亡くなったあと、奥様が倉庫を整理していたときに大量の『キリンの洗濯』が出てきたとのことで、ダンボール3箱ほどに分けて送ってくださった。その中に、空いた隙間の詰め物代わりにと、上記2種と藤富さんの朗読CDなどが入っていた。これらは頂き物なので販売するわけには行かず、「お裾分けプレゼント」という形にした次第です。在庫はもう数冊ほどになっていますので、入手ご希望の方は早目にとぶりんネットにお申し込みください(CDはまた何かの機会に役立てたいと思っています)。

 とぶりんネット感謝祭 http://toburin.cart.fc2.com/news?news=425449

 『キリンの洗濯』の送られてきた在庫は200冊ほど。これがなくなると完全に絶版になってしまいますので、この機会にこちらもどうぞご購読ください。

 絶不調と書いたワンコたちですが、ふたりとも少しずつご飯やおやつを食べるようになってきて、だいぶん元気が出てきました。ホッと一安心、と言ったところです。

 昨日から大学の授業も始まりました。5限目の授業で教室へ行くと、学生たちが教室に入れずに外へあふれていました。こんなことは初めて。急いで別の広い教室を用意してもらい、そちらへ移動して何とか授業を行うことができました。
 何やかやハプニングなどのある春の今日この頃です。

藤富保男『点』他 ブログ用.JPG

左から、『点』の外箱、中身、山本悍右絵はがき

posted by 高階杞一 at 13:02| Comment(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: