2018年04月19日

「びーぐる」39号、刊行!

「びーぐる」39号が出ました。今号の特集は「第2回 びーぐる船上国際詩祭」。海外詩祭を巡る5氏のエッセイと世界各国の現代詩翻訳アンソロジーから成っています。まさに世界各地の詩人が集う大型客船に乗り合わせたような雰囲気が味わえるのではないかと思います。
 拙作「セピア色のノートから」連載6回目に取り上げたのは安浪雄嗣さん。今や知らない人も多いかもしれませんが、やさしさと悲しみが綯い交ぜになった魅力的な詩を書いていた詩人です。
 山田兼士の連載「高階杞一を読む」14回目に取り上げられた詩集は『水の町』。「『水』の悲しみについて」という副題のもと、本書の世界がていねいに読み解かれています。こちらもどうぞ御一読を。
 今号ではほかに第7回「びーぐるの新人」の発表もあり、佐々木貴子氏が選ばれました。佐々木さん、おめでとう!
 詳細は山田兼士さんのホームページ(39号の目次)をご覧下さい。
 http://yamadakenji.la.coocan.jp/1beagle.htm
 定価1,000円(税込み)。発行所「澪標」。
 入手方法
 澪標に電話(06-6944-0869)またはメール(matsumura@miotsukushi.co.jp)で注文。

びーぐる39号表紙.jpg

posted by 高階杞一 at 11:12| Comment(0) | びーぐる
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: