2018年04月29日

「男はつらいよ」と読書の日々

 ゴールデンウイークに突入しました。が、年中休みのようなこちらには関係なし。どこへ行く予定もなく、普段どおりに過ごしています。
 間近に迫った締め切りもないので、このところ「男はつらいよ」と読書の日々を送っています。「男はつらいよ」は以前に書いたようにシリーズ全48作を再度観直しています。ほぼ毎日1作ずつ観ていて、昨日で16作目まで来ました。ほとんどかなり前に観たものばかりなので、新鮮な気持ちで観られます。
 読書の方は、小説やらエッセイ集やら、これまで積ん読になっていた本を手当たり次第に読んでいます。昨日は文庫本で500ページ近くある「そばかすの少年」という児童小説(?)を読み上げました。アメリカで百年ほど前にベストセラーになった小説で、作者はジーン・ポーター。新聞の書評で絶賛している人がいたので買ったのですが、うーん、微妙です。文章の流れが悪く、展開に首を傾げることがたびたびでした。これは原作が悪いのか翻訳が悪いのかよく分かりませんが。日本での初訳は「赤毛のアン」の翻訳で有名な村岡花子さんですが、今回読んだのは鹿田昌美という方の新訳でした。
 昨日から読み始めたのは浦沢直樹さんのマンガ「PLUTO(プルートウ)」。手塚治虫「鉄腕アトム」の中の「地上最大のロボット」を下敷きにしたもので、発表当時かなり評判になったので、ずっと読みたいと思っていたものです。全8巻を大人買いし、1巻目を読み終わりましたが、これはすごい。原作の物語を大きく膨らませ、評判通り読みごたえがあります。これから続きを読むのが楽しみ。
 こんなふうに今はお気楽な日々ですが、来月になるといろいろと締め切りが迫ってきて、また忙しくなってきそうです。

posted by 高階杞一 at 11:21| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: