2018年07月12日

第20回柳波賞、作品募集

 今年も柳波賞の作品募集が始まりました。今年で20回目。僕は最初から審査員をしているので、もう20年もこの賞に携わってきたことになります。岸田衿子さん、中川李枝子さんの3人で審査を始めた賞ですが、2008年には岸田衿子さんが体調を崩されて降板し、2013年には中川李枝子さんも高齢を理由に降板。その後、元土屋文明記念館館長の岡田芳保さんと女優の黒木瞳さんが加わり現在に至っています。審査員が変わっても選考が滞ることなく、応募数も毎年増え続けているのはありがたいことです。この賞を通してすぐれた童謡詩人が誕生することを願っています。
 締め切りは9月7日(金)。皆さん、どしどしご応募ください。
 応募要項は下記主催者のホームページをご覧ください。

 http://www.city.numata.gunma.jp/kyouiku/shakai/1006425/1003937.html

 西日本の豪雨では、今も死者や行方不明者が増え続けていて心が痛みます。
 そんな中、被災地の市長が市内の避難所に設置された簡易ベッドに寝ころびVサインをしたということで物議を醸しています。本人は「不適切ではない」として反省の色なし。これだけの被害が出て、自分の市でも死者が出ているというのに、笑ってVサインとは、そのあまりの無神経さにあいた口がふさがりません。世の中には周囲の状況が見えない困った人たちがいるものです。
 報じられた記事。↓

 https://news.goo.ne.jp/article/sanyo/region/sanyo-107617488.html

posted by 高階杞一 at 11:10| Comment(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: