2018年08月09日

長嶋南子詩集『家があった』書評

 長嶋南子詩集『家があった』。刊行から2週間ほど経ち、早くも何人かの方がブログなどで書評を書いてくださっています。概ね好評で、発行者としてもうれしい限りです。書いてくださった方々には厚くお礼申し上げます。

木村草弥(きむら・くさや)氏(歌人)
http://poetsohya.blog81.fc2.com/blog-entry-4416.html

谷内修三氏
https://blog.goo.ne.jp/shokeimoji2005/e/a3ba61f5318b186fd0089df289047908

瀬崎祐氏
https://blog.goo.ne.jp/tak4088/e/bc97977a8336b1c4e0cb25c40883c742

塚本敏雄氏
http://blog.livedoor.jp/gate21tsukamoto/archives/9882507.html

posted by 高階杞一 at 11:25| Comment(0) | 空とぶキリン社
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: