2018年08月21日

検診結果と墓参り&阿部恭久「秋彼岸」

 昨日は午前中に先日受けた食道癌の定期検診の結果を聞きに神戸大学附属病院まで行ってきました。再発していたらどうしようと多少ドキドキしながら待っていましたが、結果は問題なし。ホッとしました。9年前に受けた同じ食道癌の手術では、5年後に再発したので、4年目の今回ではまだ安心できません。でも、とりあえずは一安心といったところです。
 帰宅し、2時間ほど休んだあと、大阪・高槻市にある霊園に墓参りに行きました。高槻市と言えば、6月18日に起こった大阪北部地震の震源地だったので、墓石が倒れたりしていないかと心配していましたが、何事もなく、こちらもホッとしました。お盆休みも終わったあとなので、墓は人影もなく、ひっそりと静まり返っていました。
 墓参りと言えば、阿部恭久さんの「秋彼岸」という詩を思い出します。家族3人で秋の彼岸に墓参りに行ったときのことを描いた詩。後半を紹介します。

  ここの墓は、皆ひくくふるい
  穀物にかこまれて健康だ

  祖母のにおいがする
  二十年前に往った人
  私のにおいもする
  みっつになるこどもがかけまわる…

  祖母のにおいにふくらんで
  稲田をかえる
  われわれ田のものを腹に入れ
  西にむかう
    (詩集『田のもの』より。1981年刊)

 この詩は初出誌(「詩と思想」7号)では、「二十年前に往った人」のところが「二十年前に狂った人」と誤植されていて、そのそれぞれの味わいの違いについて、昔出していた「青髭」という同人誌で論じたことがあります(VOL15。1984年7月)。誤植の「狂った人」もなかなかいいのでは、と。その部分を引用します。
「二十年前に狂って死んだ祖母のにおい、それに混じって自分のにおいもする、傍らではこどもが何も知らずにかけまわる……。「狂」という字をはさんで、祖母と自分とこどもがいる。そこに、血のつながり、それからくる不安や怖れ、そうしたものが読みながら伝わってきた。……」

posted by 高階杞一 at 12:55| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: