2018年08月30日

熱中症から何とか脱却

 昨日の夜、体温を測ると、36度台前半。これまでは朝起きると解熱剤の効果が切れて、また38度台前半まで上昇するという繰り返しでしたが、今朝測ると、36.5度! 前夜薬を飲んでから12時間ほど経っていましたが、平熱のまま。これで熱中症から何とか脱却できたようです。やれやれ。苦しい5日間でした。と言うことで今朝から普段通りの生活に戻しました。発症する前に書きかけていた原稿などの仕事も再開です。

 昨日は歯茎の痛みがひどくなってきたので歯医者へ行ってきました。やはり歯茎が腫れてプクッと膿の袋ができていました。それをつぶして膿を取り除き、消毒するという応急処置をしてもらいました。それでとりあえず歯茎の痛みはなくなったけれど、根本的な治療はしていないので、顎などの痛みは残ったままです。きちんと治すため、これからしばらく通院することになりそうです。

 帰ってから「ちびまる子ちゃん」の劇場版アニメ第1作「大野君と杉山君」(1990年12月公開)を観ました。息子が生きていた頃いっしょに観、ストーリーは覚えていましたが、さくらももこさんの死去と重なって、観ながら目頭が熱くなりました。

 9月2日から毎夏恒例の信州旅行へ行く予定でした。でもまだ体調に不安があったので、昨日、予約をキャンセルし、半月ほど先に延期しました。救急車を呼ぶ決断をしたのも、この旅行に間に合わせるためという一面もあったのですが、まあ病院へ行って早く回復することができたので、結果オーライかなと思います。
 避暑にはならなくなったけど、初秋の信州もいつもと違った風景が見られそうで楽しみです。

posted by 高階杞一 at 13:09| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: