2018年10月15日

不気味な迷惑メール

 最近、不気味な迷惑メールがときどき届く。内容はメールボックスをハッキングしたのでビットコインを指定の口座に払えというもの。こういうのは詐欺メールに決まっているから、無視すればいいだけのことなんだけど、今日届いたメールは、差出人が自分のアドレスになっている。メールの本文にも「(あなたはこの手紙をあなたから受け取った)」と書いてある。こんなことができるのかと驚く(そんなソフトがあるのだろうか?)。僕の場合、ホームページにアドレスを載せているので、それを機械的に利用されたのかもしれない。それにしても自分のアドレスを使って無差別に他人に送られたらと怖くなる。もしも僕のアドレスで変なメールが届いたら無視してくださいね。

 この詐欺メール、日本語が変なので、たぶん外国人が翻訳ソフトを使って日本語に変換してるのだろうと思われる。一部を挙げると、
「私はあなたが時折訪れる親密なコンテンツサイトに最も襲われました。あなたは非常に野生の想像力を持っている、私はあなたに言う!」
という具合。
 変な日本語も、次のようなのはちょっとおもしろい。
 「何てことだ! あなたはとても面白くて揺らめいています!」
 これなんか詩に使えるかも(なんて言ってる場合じゃないけど)。

 ネットで調べると、同様のメールが拡散していることが分かった。参考に2つほどその記事を挙げます。

 https://blogs.yahoo.co.jp/fireflyframer/35170751.html
 https://support.eonet.jp/news/698/
 
 皆さんも同様のメールが来たら、決して返信したりしないようご注意ください。

posted by 高階杞一 at 11:35| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: