2018年10月28日

「びーぐる」41号、刊行!

 「びーぐる」41号が出ました。発行は10月20日。バタバタしていてお知らせが遅くなってしまいました。
 今号の特集は「秋山清、没後30年を記念して」。アナキストの詩人・評論家として名高い人ですが、どうもこういう傾向の詩には縁遠く、今回、特集への参加はパス。
 どういう詩を好むかは人それぞれ。編集同人が4人いて、それぞれが自分の好みに応じた特集を組むので、内容も多種多様。それを詩誌として一貫性がないと言う人もいますが、その多様性に富んでいるところが他の商業詩誌にない「びーぐる」のいいところではないかと思っています。
 連載「セピア色のノートから」の8回目は、「詩への旅立ちA詩作前夜」と題して、まだ詩など書き始める前の、音楽活動を中心に書いています。その高校生の時の音楽活動が、のちに詩の世界と結びつくという不思議な縁についても記しています。御一読を。

 詳細は山田兼士さんのホームページ(41号の目次)をご覧下さい。
 http://yamadakenji.la.coocan.jp/1beagle.htm
 定価1,000円(税込み)。発行所「澪標」。
 入手方法
 澪標に電話(06-6944-0869)またはメール(matsumura@miotsukushi.co.jp)で注文。

posted by 高階杞一 at 13:18| Comment(0) | びーぐる
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: