2019年01月19日

「びーぐる」42号、刊行!

「びーぐる」42号が出ました。今号の特集タイトルは「『赤い鳥』創刊百年−童謡詩に挑戦」。
 鈴木三重吉が児童文芸誌『赤い鳥』を創刊したのが1918年(大正7年)6月。創刊から百年目を迎えたのを機に特集を組むことにしました。 「現代における童謡の意義と可能性」と題した論考と、アンケート「わたしの好きな童謡」、そして童謡詩(新作)の3本立て。これらを通して新しい童謡の姿が見えてくることを願って組んだのですが、さて願い通りの結果となったかどうか。読者の判断を待ちたいと思います。
 ちなみに僕も童謡詩に挑戦しています。タイトルは「はらへるこざる」。詩の裏にいろんな思いを込めて書いたのですが、これもどう読まれるか気になるところです。
 連載「セピア色のノートから」の9回目は「詩への旅立ちB第1詩集『漠』へ」と題して、1980年に刊行した第1詩集に至る経緯を書いています。こちらも御一読を。

 詳細は山田兼士さんのホームページ(42号の目次)をご覧下さい。
 http://yamadakenji.la.coocan.jp/1beagle.htm
 定価1,000円(税込み)。発行所「澪標」。
 入手方法
 澪標に電話(06-6944-0869)またはメール(matsumura@miotsukushi.co.jp)で注文。

びーぐる42号表紙.jpg

posted by 高階杞一 at 13:04| Comment(0) | びーぐる
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: