2018年04月19日

「びーぐる」39号、刊行!

「びーぐる」39号が出ました。今号の特集は「第2回 びーぐる船上国際詩祭」。海外詩祭を巡る5氏のエッセイと世界各国の現代詩翻訳アンソロジーから成っています。まさに世界各地の詩人が集う大型客船に乗り合わせたような雰囲気が味わえるのではないかと思います。
 拙作「セピア色のノートから」連載6回目に取り上げたのは安浪雄嗣さん。今や知らない人も多いかもしれませんが、やさしさと悲しみが綯い交ぜになった魅力的な詩を書いていた詩人です。
 山田兼士の連載「高階杞一を読む」14回目に取り上げられた詩集は『水の町』。「『水』の悲しみについて」という副題のもと、本書の世界がていねいに読み解かれています。こちらもどうぞ御一読を。
 今号ではほかに第7回「びーぐるの新人」の発表もあり、佐々木貴子氏が選ばれました。佐々木さん、おめでとう!
 詳細は山田兼士さんのホームページ(39号の目次)をご覧下さい。
 http://yamadakenji.la.coocan.jp/1beagle.htm
 定価1,000円(税込み)。発行所「澪標」。
 入手方法
 澪標に電話(06-6944-0869)またはメール(matsumura@miotsukushi.co.jp)で注文。

びーぐる39号表紙.jpg

posted by 高階杞一 at 11:12| Comment(0) | 日記

2018年04月15日

不思議な啖呵売

 今年の初め、「男はつらいよ」の全48作を制覇したと書きました。そのあと、寅さんの名言をまとめておきたいと思い、関連の本を3冊ほど買い込んで、このところ読んでいました。その中に啖呵売(たんかばい)の口上も出てきます。映画の中では必ず1回、啖呵売が出てきます。中でも繰り返し出てくるのが次のような口上。

 「四谷赤坂麹町、ちゃらちゃら流れるお茶の水、粋な姐(ねえ)ちゃん立ちションベン」

 映画の中では何の違和感もなく聞いていたのに、今回文字で読んでいて、あれっ?と疑問が湧いてきました。姐ちゃんが立ちションベン? 女性が立ちションベンなんかできるのかなあ? この疑問を家人にぶつけると、昔、農村ではしていたと小説か何かで読んだことがあるとの答え。それがもし事実だとしても、なぜ立ったままするんだろう? 不思議です。こんなことがほんとうにできるのかどうか、全女性に聞いてみたい気がします。聞けないけれど……。

 それはともかく、名言をまとめていたら、また映画を観たくなってきました。そこでまたイチから観ることにしました。シリーズ全48作に再挑戦! 昨日観たのは3作目。内容はほとんど忘れていて、新鮮な感じで観ることができました。
 本の中で見つけた名言をひとつ。

  ほら、見な、
  あんな雲になりてえのよ。
        (第9作「柴又慕情」)

posted by 高階杞一 at 11:19| Comment(2) | 日記

2018年04月09日

ワンコたちが絶不調

 このところワンコたちの体調が不良で、毎日のように病院へ連れて行っています。
 まず先週の水曜日(4日)にコッコが突然何も食べなくなり、胃液を大量に吐くようになりました。元々生理による疑似妊娠でドッグフードなどほとんど食べない状態が続いていたのですが、それでもおやつなどは喜んで食べていました。それがおやつでさえ食べなくなるというのは異常事態。翌日、僕がびーぐるの編集会議に出かけたあと、家人が病院へ連れて行きました。血液検査などしたあと、いくつか原因となることが見つかったのですが特定までできず、とりあえず点滴を受け、抗生剤の注射をしてもらって帰ってきました。それでもまだ何も食べない状態が続いたので、翌日また病院へ行き前日と同じく点滴と抗生剤の注射。この抗生剤が効いてきたのか、少しずつおやつを食べるようになり、体調も回復してきました。
 ところがこれと入れ替わるようにして、今度はホッピーが同じような症状になりました。変化が現れてのはコッコが大量に胃液を吐いた翌日(5日)から。大食漢だったのにご飯を半分ほど残し、6日にはおやつもまったく食べなくなりました。まるでコッコの症状にシンクロしたかのようです。それで7日(土)には病院へ連れて行き、コッコと同じように点滴と抗生剤の注射をしてもらって帰ってきました。先生によると、ストレスが原因ではないかと言うことですが、はたしてどうなのか。繊細な子なので、考えられなくもないですが…。
 そして今日、コッコはだいぶん元気になってきましたが、ホッピーはまだご飯もおやつも口にしないまま。今日もう一度病院へ連れて行くつもりです。もう14歳で、心臓の状態も悪く、その薬も飲み始めたばかりなので、心配です。
 ホッピー、コッコ、早く元気になってね。

posted by 高階杞一 at 12:26| Comment(0) | 日記

2018年03月31日

地獄の7時間

 今日は最悪の1日でした。10時過ぎに朝食を食べ終わり、いつものように降圧剤の錠剤を飲んだところ、それが喉に詰まってしまったのでした。4年前の食道癌の手術のあと、剥ぎ取った食道の部位が極端に細くなり、それ以来小さな錠剤でさえ詰まるようになったので、いつも歯でかじって小さくしてから飲み込んでいたのですが、今日は何気なくそのまま飲み込んでしまい、しまったと思ったときには後の祭り。
 いつもなら長くても1時間ぐらいで喉を通るのですが、今日は1時間経っても2時間経っても通らない。喉が詰まった経験のある人なら分かると思うのですが、水でさえ喉を通らず、えずくような感じで非常に苦しい。10分起きぐらいに洗面所に行っては、喉元に逆流してくる胃液のようなものを吐き出すのことの繰り返し。そうして3時間が過ぎ、4時間が過ぎ……。5時間が過ぎた頃にはもうこれはダメだと思い、救急車を呼ぶことも考えたのですが、ちょっとそれは恥ずかしい。それで近隣の救急病院をネットで探し、家人に電話をかけてもらったのですが、土曜ということもあってどこも断られ、5件目ぐらいにかけた三田の総合病院でやっと受け入れてもらえることになり、家人の運転する車で行きました。
 病院に着いたのが4時過ぎ。そうして診察室に呼ばれたのが5時少し前。まだ若い女医さんの前に坐り、診察を受けようとしたそのとき、口へあふれてきたものをゴクリと飲み込んだら、何と!喉が通ったのでした。自分でもびっくり。通ったようですと言って、確認のために水をもらって飲んだらちゃんと普通に飲める。通りましたと再度言ったら、女医さんも看護婦さんも大笑い。こちらもつられて照れ笑い。
 そうして、地獄のような7時間からやっと解放されたのでした。結局治療を受けることもなく終わったのですが、きっちり診察代は取られました。ああ4,360円(>.<)。

 一昨日は風呂場で滑って転び、右脚と頭を殴打。幸い頭はそれほど強く打たなかったみたいで痛みはないのですが、昨日起きたとき、右肩に激しい痛みがありました。たぶん、転んだときとっさに右手でかばったためかもしれません。
 一昨日から今日まで、さんざんな3月末の日々になりました。

posted by 高階杞一 at 20:30| Comment(0) | 日記

2018年03月16日

ユーチューブ第3弾−春の香り

 ユーチューブに3本目の動画をアップしました。タイトルは「春の香り」。
 1973年4月作。21歳の時の作品です。録音は1976年。作曲当時、シモンズというすごくハーモニーのきれいな女性デュオがいて、彼女たちが歌うような曲を、と思って作った曲です。
 使用楽器はギターとドラムとリコーダーの3種類。音のバランスが悪く、とても満足のいく出来ではありませんが、二人の女性(当時20歳)ががんばってシモンズらしく歌ってくれました。
 下手な演奏には目をつぶって聴いていただければ幸いです。

 https://www.youtube.com/watch?v=_u3BMgIpz4E&t=

92ffe4da74828204f7326c605ec415a3_m (1024x683).jpg

posted by 高階杞一 at 12:07| Comment(0) | 日記