2018年04月04日

イヌノフグリとホトケノザ

 最近、「いぬのふぐり」と題された詩を読んだ。「春の初め/今年も/畦道で見つけた青い花」と始まる。この3行目で作者が花の名前を間違えているのだと分かる。イヌノフグリの花色はピンク。一方、青い花を咲かせるのはオオイヌノフグリ。「オオ」が付くか付かないかだけの違いだが、種としては別の植物です。
 次のサイトに両方の写真が載っているので比べてみてください。

 http://www.geocities.co.jp/NatureLand/6324/menu/a/fuguri.html

 オオイヌノフグリはそこら中で見かけるが、イヌノフグリの方はほとんど見かけない。これは在来種であるイヌノフグリが外来種(帰化植物)のオオイヌノフグリに侵食されたことによるようだ。ちなみにイヌノフグリは今では絶滅危惧種に指定されているとのこと。これは僕も知りませんでした。

 もうひとつ、イヌノフグリの出てくる詩を少し前に見た。これはガーネット84号の「詩集から」の欄でも紹介している岩切正一郎さんの「電車」という詩。「踏切のそばの和菓子屋で/桜餅を買い/ホトケノザとイヌノフグリの咲く/ひとけのない道を歩いた」というふうに出てくる。これを読んだとき、ホトケノザもイヌノフグリも間違いではないかと思った。岩切さんが植物に詳しい人なら間違えてはいないだろうけど、そうでないなら間違えている可能性が高い。イヌノフグリは上に書いたようにオオイヌノフグリに。ホトケノザはヒメオドリコソウという植物に。後者も同じ仲間の植物だが、イヌノフグリと同じように、在来種のホトケノザは外来種のヒメオドリコソウに侵食されて町中ではほとんど見かけなくなっている。下のサイトでそれぞれを見比べてください。

 ホトケノザ http://www.plantsindex.com/plantsindex/demo_html/demo_db/result48480.htm
 ヒメオドリコソウ http://www.plantsindex.com/plantsindex/demo_html/demo_db/result48520.htm

 さあどうだろう。正解は岩切さんに聞かないと分からないが。
 余談だが、春の七草に出てくるホトケノザは、今ではキク科のコオニタビラコ(またはヤブタビラコ)という植物であるとされている。現在名のホトケノザは食べられません。

 ワンコたちとの散歩道では今、春の花が真っ盛り。コブシ、モクレン、ユキヤナギ、レンギョウ…、それにオオイヌノフグリやヒメオドリコソウも。サクラ(ソメイヨシノ)もやっと満開になり、我が家の庭ではユスラウメの白い花が咲き始めました。

06041203.JPG

ユスラウメ

posted by 高階杞一 at 12:25| Comment(0) |

2018年03月26日

王様は太る

 安倍首相の森友・加計学園問題が批判の渦に晒されている。官僚の忖度が原因とのことだが、その裏には当然政治家の圧力がある。どんな政治体制でも一人の人間がトップの座に居座りつづけていると腐っていく。それは歴史が証明している。だからそうならないようにトップの任期制などが定められているのだが、最近の世界を見ていると、これがなし崩しに無効化されてきているように思われる。
 中国では先日(3月11日)憲法改正が行われ、2期10年までとされた任期制が撤廃された。これで現在2期目の習近平国家主席は任期を気にすることなくトップの座に在り続けられる。ロシアでもプーチン大統領が2000年から事実上トップの座に在り続けている。この間には憲法改正により任期の延長などが為されている。我が国でも自民党が総裁の任期を2期から3期まで可能とし、安倍首相の続投を可能とした。どれも表向きは合法だが、圧倒的な力が裏で働いている。ドイツでヒトラーが台頭してきたときの様子が頭に浮かぶ。
 今から15年ほど前に、そうした独裁制を批判する詩を書いた。本文はたったの1行。最初から1行にするつもりはなく、削りに削っていくうちに1行となった。次のような詩です。

      王様は太る

    馬は悲しむ


posted by 高階杞一 at 12:29| Comment(0) |

2018年03月20日

pippoさんの新潮講座

 pippoさんから「新潮講座」のお知らせがありました。去年の1月から毎月1度「ポエトリーカフェ in神楽坂」という講座を担当されていて、この6月に僕の詩を取り上げてくださるとのこと。募集中の春の部を見ると、4月に新川和江さん、5月に種田山頭火、そして6月に高階杞一という流れ。すごい流れだなあと思いつつ、この組み合わせをpippoさんがどのような考えで決めたのか気になりました。特に真ん中に山頭火をはさんでいるところがユニーク。3回通しで聴いたら、何かつながりが見えてくるのかな?
 受講の申し込みは次のサイトから行えます。ふるってご参加ください。

 https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01r4whzcej0t.html#detail

 後10日ほどで3月も終わり。春は三寒四温でゆっくりと近づいてきています。
 庭ではサンシュユの黄色い花が満開になりました。

posted by 高階杞一 at 11:59| Comment(0) |

2018年02月28日

ミューズの降臨

 今月末締め切りの詩を書き上げ、先ほど編集者に送りました。今回も苦戦しましたが、ギリギリ間に合い、ホッとしました。
 一昨日まで4日間ほど別の詩を何とか仕上げようとがんばっていたのですが、どうしてもうまくまとまらず、暗礁に乗り上げ、その詩は諦めざるを得なくなりました。そんな翌朝(昨日)、洗面所で鏡を見ていてふっと頭にひらめいたものがありました。これならいけるかもと、パソコンに向かい、いっきに書き上げたのが今回送った詩でした。崖っぷちに立ったところにやっとミューズが降りてきてくれたようです。それにしても遅すぎ!

 直近の締め切りはあとひとつ。「びーぐる」次号の連載「セピア色のノートから」。これは散文なので、ネタさえ決まったらそれほど苦労することなくできると思います。

 ガーネットは明後日できあがってくる予定。封筒の宛名印刷や送り状も仕上げ、準備は万端。届いたらその日のうちに発送する予定です。お楽しみに。

posted by 高階杞一 at 12:15| Comment(0) |

2018年02月10日

スクーリング終了

 昨日は大学の冬期スクーリング。登録者は7名だったのですが、行ってみたら出席は3人だけ。こんなに欠席率の高いスクーリングは初めてです。厳しい寒さの中なので、風邪をひいたり、インフルエンザにかかったりした人が多かったのかもしれません。
 何はともあれ、2限目から5限目までみっちりと講義をしました。いつものことながら、スクーリングの受講生は熱心です。19歳から21歳までの男性3人。詩にはほとんど触れたことがないという人たちばかりでしたが、この講義で少しは詩に興味を持ってもらえたのではないかと思っています。

 1週間ほど前から右膝が痛み出し、今朝は最悪の状態になりました。毎朝やる屈伸運動も今朝は痛くてできず。どうも昨日の行き帰り、往復4時間、ずっと立ちっぱなしだったのがこたえたようです。

 ガーネット次号の編集は少し停滞気味。これから馬力をあげて、予定通り3月1日には発行できるようにがんばります。

posted by 高階杞一 at 11:48| Comment(0) |