2019年07月19日

「びーぐる」44号、刊行!

 「びーぐる」44号が出ました。今号の特集タイトルは「散文詩 理論と実践」。
 論考と実作及びアンケートからなっています。
 僕も実作で参加しています。散文詩を書いたのは久し振り。勘が戻らず苦戦しました。タイトルは「海のポスト」。御一読を。
 連載「セピア色のノートから」の11回目は「『漠』から『さよなら』へ @藤富保男・富岡多恵子」と題して、当時影響を受けた二人の詩人について書いています。
 さらに今回から神尾和寿さんと共詩を始めました。松下さんのときとは勝手が違い、こちらもそれなりに苦戦しました。飛躍の度合いが大きく、なめらかさに欠けるきらいがありますが、これはこれで別のおもしろさがあるようにも思えます。さて、どうでしょうか。読者の反応が気になるところです。

 ところで今回、一部の本に乱丁がありました。55ページと56ページにおいて天地が逆になっています。もしそのような乱丁本を受け取られた方は、発行所の澪標までご連絡ください。「速やかに対応させていただきます」とのことです。

 今号の詳細は山田兼士さんのホームページ(44号の目次)をご覧下さい。
 http://yamadakenji.la.coocan.jp/1beagle.htm
 定価1,000円(税込み)。発行所「澪標」。
 入手方法
 澪標に電話(06-6944-0869)またはメール(matsumura@miotsukushi.co.jp)で注文。

びーぐる44号表紙.jpg

posted by 高階杞一 at 13:37| Comment(0) | びーぐる

2019年07月06日

びーぐる編集会議

 昨日はびーぐる編集会議がありました。梅田のいつもの店で、山田、細見のいつもの3人で。次号の校正は終わっているので、次々号の話をいろいろ。特集は細見船長から出されていた企画書に沿って執筆者の人選や内容などについてあれこれ意見を出し合い、30分ほどで終了。そのあとは雑談。何を話したか、一夜明けたらいつものようにほとんど忘れています。
 店は珍しく混んでいて、2時間で追い出されました。短い時間の割りにはかなり飲んでいたようで、帰りの電車では危うく乗り過ごしそうになりました。細見さんに起こされて何とかセーフ。ひとりだと完全に乗り過ごしているところでした。

 話は全く変わりますが、最近、大量の迷惑メールが来るようになりました。ほとんどが女性名でのメール。玲子、尚子、優花、志穂、千春、舞子、みさえ、いずみ、きょうか、えみか……などなど。よくこれだけいろんな名前が思い付くなあと感心します。感心している場合ではないんですが。それにしてもどうして急にこんなメールが大量に届くようになったんだろう? 変なサイトを見たわけでもないのに、不思議です。

posted by 高階杞一 at 11:12| Comment(0) | びーぐる

2019年04月19日

「びーぐる」43号、刊行!

「びーぐる」43号が出ました。今号の特集タイトルは「『名井島』をめぐって−AIポエトリー、構造性と批評性、物語る現代詩」。 今号編集担当の四元康祐が時里二郎さんの当該詩集に強く惹かれて実現した特集です。本書に寄せる彼の熱い思いが全体から伝わってきます。
 連載「セピア色のノートから」の10回目は「詩への旅立ちC番外編」。第1詩集『漠』刊行前夜から手を染めはじめた戯曲と、職場の出来事などを絡ませながら書いています。御一読を。

 詳細は山田兼士さんのホームページ(43号の目次)をご覧下さい。
 http://yamadakenji.la.coocan.jp/1beagle.htm
 定価1,000円(税込み)。発行所「澪標」。
 入手方法
 澪標に電話(06-6944-0869)またはメール(matsumura@miotsukushi.co.jp)で注文。

びーぐる43号表紙.jpg

posted by 高階杞一 at 11:15| Comment(0) | びーぐる

2019年01月19日

「びーぐる」42号、刊行!

「びーぐる」42号が出ました。今号の特集タイトルは「『赤い鳥』創刊百年−童謡詩に挑戦」。
 鈴木三重吉が児童文芸誌『赤い鳥』を創刊したのが1918年(大正7年)6月。創刊から百年目を迎えたのを機に特集を組むことにしました。 「現代における童謡の意義と可能性」と題した論考と、アンケート「わたしの好きな童謡」、そして童謡詩(新作)の3本立て。これらを通して新しい童謡の姿が見えてくることを願って組んだのですが、さて願い通りの結果となったかどうか。読者の判断を待ちたいと思います。
 ちなみに僕も童謡詩に挑戦しています。タイトルは「はらへるこざる」。詩の裏にいろんな思いを込めて書いたのですが、これもどう読まれるか気になるところです。
 連載「セピア色のノートから」の9回目は「詩への旅立ちB第1詩集『漠』へ」と題して、1980年に刊行した第1詩集に至る経緯を書いています。こちらも御一読を。

 詳細は山田兼士さんのホームページ(42号の目次)をご覧下さい。
 http://yamadakenji.la.coocan.jp/1beagle.htm
 定価1,000円(税込み)。発行所「澪標」。
 入手方法
 澪標に電話(06-6944-0869)またはメール(matsumura@miotsukushi.co.jp)で注文。

びーぐる42号表紙.jpg

posted by 高階杞一 at 13:04| Comment(0) | びーぐる

2019年01月09日

びーぐる編集会議&初積雪

 一昨日(7日)はびーぐるの編集会議がありました。いつもの山田、細見に加えてDTPの若い夫妻も参加して、梅田の居酒屋で3時間弱ほど。編集会議の主な議題は次々号の特集について。提案されている内容について若干修正を加えることにして終了。後は楽しく新年会です。いろんな話題が出ましたが、ほぼ忘れています。情けない(>.<)。確か車の免許を取りに行く話で盛り上がっていたような……。

 今朝起きたら雪が積もっていました。この冬最初の積雪です。家人によると、早朝は吹雪いていたとのこと。こちらが起きた時間にはもう降り止んで、積もった雪も解けかかっているようでした。いずれにしても初積雪。ワンコたちも喜んで庭を駆け回っていました。

 昨日は大学の新年最初の授業。年明け早々で休んでいる学生たちが多いかなと思っていたけれど、いつもと同じぐらいの出席率。なかなか優秀です。
 始まったばかりですが、来週で後期も終了。後は長い春休みに入ります。

初積雪 コッコ004.JPG

雪の上で遊ぶコッコ

posted by 高階杞一 at 12:35| Comment(0) | びーぐる