2018年04月06日

びーぐる編集会議&続・イヌノフグリとホトケノザ

 昨日はびーぐるの編集会議がありました。店に着くと、ちょうど山田・細見の両名もいて、入り口の所で何やら店員と話し中。どうしたのか聞くと、予約がされていないとのこと。そんなはずはないと言い、何とか部屋に案内してもらいました。あとで店員に事情を聞くと、木曜なのに、水曜日の予約表を見ていたとのこと。そりゃあなくて当たり前。店員の単純ミスでした。
 編集会議では次々号以降の連載(投稿欄と俳句時評)担当者の人選や特集内容について話し合いました。どちらもスムーズに決まり、あとはあれこれ四方山話を2時間半ほど。8時半頃に店を出て帰宅の途につきました。

 一昨日書いた岩切正一郎さんの詩について。イヌノフグリとホトケノザは間違いではないかと書いたところ、知人のEさんを通じて御本人から返事がありました。まず引用したイヌノブグリはイヌフグリのこちらの入力ミス。これは略称で、イヌタデの異称であるアカノママをアカママというのと同じことですね。再度正確にその部分を記します。「踏切のそばの和菓子屋で/桜餅を買い/ホトケノザとイヌフグリの咲く/ひとけのない道を歩いた」。
 このイヌフグリについて、結論から言えばやはりオオイヌノフグリが正しく、御本人によれば、「長いので慣用(誤用?)の短いほうを使いました。」とのこと。ハナショウブを単にショウブと言ったりするのと同じ用法ですね。ただ、ハナショウブの場合ほどポピュラーではないので(慣用化されていないので)、ここはやはり正確にオオイヌノフグリと書いた方がいいように思います。
 ホトケノザの方は間違いではなく、「近所の野川のほとりにも咲いています。」とのこと。イヌノフグリほどまだ外来種に侵されていないということで一安心(?)。さらに、ホトケノザの「ほとけ」と「ひとけのない道」の「ひとけ」を掛けたとのこと。なるほど。
 岩切さんが参照されたという日本国語大辞典には「いぬふぐり」について、「近年は、外来種のるり色の花を付けるオオイヌノフグリをさすことが多い。《季・春》」と書かれているとのこと。しかしこれではイヌフグリがオオイヌノフグリを含む総称と言うことになってしまい、解説としては不適切だと思えます。
 辞典や歳時記を見ていても、誤った(または不正確な)記述が多いので、注意が必要です。
 こうしたことについては拙著『詩歌の植物 アカシアはアカシアか?』に詳しく書いていますので、ご覧いただければ幸いです。最後はちょっと宣伝みたいにになってしまいました(笑)。

posted by 高階杞一 at 11:10| Comment(0) | びーぐる

2018年01月19日

「びーぐる」38号、刊行!

「びーぐる」38号が出ました。今号の特集は「追悼 藤富保男」。昨年9月1日に亡くなった藤富さんを偲び、生前親しかった方々から思い出を中心としたエッセイをいただきました。
 巻頭エッセイは奥様である藤富康子さんの追悼文。まだ結婚前の藤富さんの姿がユーモラスに活写されています。自身もエッセイストとして何冊も本を出されているだけあって、感傷に溺れることのない名文です。
 18名のエッセイのほか、城戸朱理氏の論考、作品抄、藤富保男の詩学、瞬画、思い出のアルバム、年譜、著作一覧、講演・個展等一覧などからなっています。自分もささやかなエッセイをひとつ書きました。
 レイアウトまで手がけた今回の特集は、お世話になった藤富さんに捧げるため、万感の思いを込めて編みました。御一読いただければ幸いです。

 拙作「セピア色のノートから」連載5回目は山本かずこさんを取り上げました。「詩芸術」に投稿された初期詩篇も引用しています。
 定期購読者への特典「別冊付録」の今回のテーマは「冬」。編集同人の計8作品を収めています。

 詳細は山田兼士さんのホームページ(38号の目次)をご覧下さい。
 http://yamadakenji.la.coocan.jp/1beagle.htm
 定価1,000円(税込み)。発行所「澪標」。
 入手方法
 澪標に電話(06-6944-0869)またはメール(matsumura@miotsukushi.co.jp)で注文。

びーぐる38号表紙.jpg

posted by 高階杞一 at 11:52| Comment(0) | びーぐる

2018年01月07日

「びーぐる」編集会議&新年会

 昨日は梅田の居酒屋で「びーぐる」編集会議&新年会がありました。いつもの山田、細見のほかに今回は編集担当のKさん夫妻も参加。ふたりは11月に結婚したばかりの新婚ほやほや。奥さんは僕の大学での教え子でもあります。そこでお祝いに添えて自作の詩を贈りました。急遽思いついて作ったものなので、詩としていい出来とはとても言えませんが、ささやかな記念になればと思った次第です。自分の資質から言ってベタな祝婚歌などは作れないので、長い結婚生活のなかでときどき見返してもらえたらと思うような詩にしました。気に入ってもらえたかな?
 編集会議の方は次号及び次々号の特集の話などを少しだけして、後は雑談。2時間ほど楽しいおしゃべりをして、その後、久し振りにカラオケへ行きました(細見さんは先にご帰宅)。5、6年振りぐらいでしょうか。古いフォークや演歌の流れる中、僕は最近気に入っているGReeeeNの「キセキ」に挑戦。Kさんの奥さんに手伝ってもらって、何とか歌い終えることができました。
 こちらは1時間ほどで終了。
 若い人たちが入って、久し振りに楽しい宴会になりました。

posted by 高階杞一 at 12:42| Comment(0) | びーぐる

2017年11月25日

セピア色のノートから(5)

 ここ数日、びーぐる次号の連載「セピア色のノートから」の5話目を書いていました。ほぼできました。もう一晩寝かせてから編集部に送るつもりです。
 前回は木野まり子さんを取り上げましたが、今回も女性詩人を取り上げました。さてそれは誰か、お楽しみに。

 特集「追悼 藤富保男」のレイアウトはほぼ仕上がっているのですが、写真を提供したいと言っていた人から未だに写真が送られてこず、作業が止まったままになっています。困ったことです。もう2日ほど待って、送られてこなければ使用不可にして作業を進めるつもりです。

 今号(83号)のガーネットのあとがきに藤富保男さんのことを書いたところ、ガーネットの感想とともに、藤富さんの思い出を書いた便りが多く寄せられています。そういう方々にぜひ次号のびーぐるを読んでもらえたらと思っています。発行は来年1月20日の予定です。

posted by 高階杞一 at 16:48| Comment(0) | びーぐる

2017年11月19日

「びーぐる」特集、編集ほぼ完了

 「びーぐる」次号の特集「追悼 藤富保男」の編集がほぼ完了しました。作品抄、瞬画、「藤富保男の詩学」(箴言集)、年譜、著作一覧、「思い出のアルバム」、そして追悼エッセイ等。藤富さんの多彩な世界がこれらによって多角的に味わっていただけるのではないかと思っています。
 外部に依頼したエッセイは今月末が締め切りなので、最終的な形になるのはまだ少し先になりますが、とりあえず全体を見わたせる形にまでなったのでホッと一息といったところです。
 「思い出のアルバム」についても、写真を提供したいという人がいて、今はそれが届くのを待っているところです。
 依頼エッセイでは僕の知らなかった藤富さんの別の顔が見えてくるかもしれないと、楽しみにしています。藤富さん、完成までもう少しお待ち下さい。

posted by 高階杞一 at 17:45| Comment(0) | びーぐる