2017年07月21日

「びーぐる」36号、刊行! & 直木賞・佐藤正午

「びーぐる」36号が出ました。
 今号の特集は「ボードレールと現代」。没後150年にあわせての特集です。論考、エッセイ、アンケートの3本柱からなっています。執筆陣は粟津則雄、安藤元雄、鈴村和成ほか多数。
 拙作「セピア色のノートから」連載3回目は、岩佐なをさんを取り上げました。「詩芸術」に投稿された初期詩篇も多く引用しています。
 4月に開催された「第3回びーぐる詩祭」座談会の模様も収録。
 定期購読者への特典「別冊付録」の今回のテーマは「夏」。編集同人の計8作品を収めています。ぜひご購読を。

 詳細は山田兼士さんのホームページ(36号の目次)をご覧下さい。
 http://yamadakenji.la.coocan.jp/1beagle.htm
 定価1,000円(税込み)。発行所「澪標」。
 入手方法
 澪標に電話(06-6944-0869)またはメール(matsumura@miotsukushi.co.jp)で注文。

 昨日、芥川賞と直木賞の発表があり、直木賞には佐藤正午さんの「月の満ち欠け」が決まった。
 氏のデビュー作「永遠の1/2」はとてもおもしろい小説だった。その後数冊読んだが、それ以来ずっとご無沙汰だった。今回の受賞はめでたいことではあるけれど、直木賞よりも芥川賞の方が氏にはふさわしい気がする(芥川賞は新人が対象なので今は無理だけど)。ストーリーよりも文体で読ませる作家なのでそんな気がするのだが、まあ、それはともかく、今回の受賞で氏の作品があらためて注目されるのはいいことだと思う。

びーぐる36号表紙.jpg

posted by 高階杞一 at 11:53| Comment(0) | びーぐる

2017年04月17日

第3回びーぐる詩祭、終了。

 昨日は3回目のびーぐる詩祭がありました。場所は大阪・谷町六丁目の大阪文学学校内。
 急な開催だったので案内が行き届かず、参加者は少な目。15,6人位だったかな。それでもスタッフを入れると25人ほどになり、何とか形になりました。遠方から北爪満喜さん(東京、現投稿作品選者)、隅田有さん(東京、第1回びーぐるの新人)、北川朱実さん(三重)、白島真さん(岐阜)なども参加してくださり、ありがたいことでした。
 詩祭は3部構成で、第1部は座談会。高階、四元、山田の編集同人3名(細見は所用で欠席)に加えて、創刊以来詩集時評などで協力してもらっているガーネットの神尾和寿、表紙装幀の倉本修さん、そして今年度びーぐるの新人の黒田ナオさんの計6名で、びーぐるのこれまでのことや今後のことなどについてあれこれ75分ほど話しました。第2部は疋田龍乃介こと笑福亭智丸の落語。普段は口数が少ない方なのに、高座に上がると人が変わったように流暢に喋る。さすがプロだなと感心しました。第3部はオープンマイクによる詩の朗読。6人ほどが自作の詩を朗読し、無事に終了しました。
 懇親会は近くの居酒屋で。遅れてきた細見も加わり、3時間ほど。何を話したのか、あまり記憶に残っていないけど、お酒もたくさん飲んで、楽しい懇親会になりました。
 家には10時過ぎに着き、12時頃にフトンに入ったけれど、またもや目が覚めて、時計を見るとまだ2時半。それから眠れないので起きて、また寝酒を飲みつつ、結局、寝たのは5時過ぎになりました。

posted by 高階杞一 at 12:19| Comment(0) | びーぐる

2017年04月15日

「びーぐる」35号、刊行!

 「びーぐる」35号が出ました。明日行われる「びーぐる詩祭」に間に合わせるために、予定より5日ほど早い発行になりました。
 今号の特集は「詩と自由」。有働薫、神山睦美、佐藤弓生など9人の論客がさまざまな角度から論じています。
 拙作「セピア色のノートから」連載2回目は、松下育男さんを取り上げました。「詩芸術」に投稿された詩を2篇紹介しています。どちらも詩集には未収録。氏の特異な詩法の成立過程を知る上で重要な2篇ではないかと思います。ぜひ御一読を。
 今号から定期購読者への特典として「別冊付録」が付くことになりました。編集同人4名による詩のアンソロジーで、名付けて「The Beagles詩集」。1回目のテーマは「春」。計8作品を収めています。こちらもお楽しみに。

 詳細は山田兼士さんのホームページ(35号の目次)をご覧下さい。
 http://yamadakenji.la.coocan.jp/1beagle.htm
 定価1,000円(税込み)。発行所「澪標」。
 入手方法
 澪標に電話(06-6944-0869)またはメール(matsumura@miotsukushi.co.jp)で注文。

びーぐる35号表紙 (558x800).jpg

びーぐる35号別冊付録.jpg

posted by 高階杞一 at 12:36| Comment(0) | びーぐる

2017年04月05日

びーぐる編集会議&びーぐる詩祭

 昨日はびーぐるの編集会議がありました。場所はいつものように梅田の居酒屋。細見、山田の3人で2時間ほど、次号の特集や執筆者、さらに次々号の特集などについて話し合いました。
 今回も日本酒をかなり飲んだようです。帰りの電車、ちょうど来たばかりの快速に乗れたのはよかったのですが、途中の駅で席が空き、座ったのが運の尽き。いつのまにか眠り、1駅乗り過ごしてしまいました。家人から電話があり、起きたところがちょうど駅。寝ぼけ眼で駅の表示を見ると快速で1つ先の駅。慌てて飛び降りました。もし電話がなかったらもっと先まで行っているところでした。次の快速で1駅戻り、家に着いたのは10時頃。やれやれ。
 そのあとテレビを見たりメールのチェックをしたりして、12時頃フトンに入ったのですが、2時頃に目が覚めて、眠れないので起きて、本を読んだりし、結局寝たのは4時頃になりました。

 びーぐる同人の四元康祐がドイツから帰国するというので、急遽びーぐる詩祭を催すことになりました。日時は4月16日(日)午後3時から5時半。場所は大阪文学学校。今回は落語家になった疋田龍乃介君(芸名:笑福亭智丸)の落語も披露します。参加自由ですのでぜひご参加ください。
びーぐる詩祭2017.jpg
posted by 高階杞一 at 11:48| Comment(0) | びーぐる

2017年01月19日

「びーぐる」34号、刊行!

 「びーぐる」34号が出ました。
 今号の特集は「再発見 黒瀬勝巳」。黒瀬勝巳と言ってもご存じない方が多いと思いますが、とてもいい詩を書いていた詩人です。1945年京都市生まれ。1981年に36歳の若さで亡くなっています。もっと多くの人に彼の詩を読んでもらいたい、そんな願いを込めて企画しました。生前に親交のあった方々を含め、12人の方に原稿を寄せてもらっています。僕も長めの紹介文を書いています。ぜひ御一読を!
 連載17回で終了となった「詩歌の植物」に代わって、今号から新たな連載を始めました。タイトルは「セピア色のノートから」。まだ詩を書きはじめた頃、大学ノートにさまざまな詩を書き写していました。そのノートをめくりつつ、当時の思い出を綴っていこうという趣向です。第1回は「詩芸術の頃」と題し、詩人の清水哲夫さんを取り上げました(清水哲男の誤記ではありません)。こちらも特集と併せて御一読を。

 詳細は山田兼士さんのホームページ(34号の目次)をご覧下さい。
 http://yamadakenji.la.coocan.jp/1beagle.htm
 定価1,000円(税込み)。発行所「澪標」。
 入手方法
 澪標に電話(06-6944-0869)またはメール(matsumura@miotsukushi.co.jp)で注文。

びーぐる34号 表紙.jpg

posted by 高階杞一 at 12:49| Comment(0) | びーぐる