2019年03月19日

新曲発表会−Spring Seminar 2019

 以前にも少し紹介しましたが、教育芸術社主催の合唱セミナー「Spring Seminar 2019」が来週3月28日(木)に東京・武蔵野音楽大学で開催されます。このセミナーはコンクール自由曲向けの新曲発表会で、指揮者や作曲家による解説も行われるとのこと。
 同声・女声・混声の各2曲が発表され、拙作は新進作曲家・山下祐加さん作曲による「晴天」が同声合唱の部で歌われます。
 ところで、同声合唱って何だろう? 女声合唱や男声合唱とは別? と思って調べたところ、「児童合唱も女声合唱と声域が同じであるため、同声合唱に分類される」とありました。なるほど。今回の曲は児童合唱用に作られたので同声合唱の部になったようです。
 どんな曲になったのだろう。主催者からの招待も受けたのですが、東京はあまりに遠し。今回は出席を辞退しました。後日送られてくる録音を楽しみに待つことにします。
 東京近郊の方で興味のある方はご参加ください。

 セミナー概要 https://www.kyogei.co.jp/Portals/0/spring-seminar/subpage_contents.html

 詩の一部を記します。

    ねえ
    なあに?
    あのね
    うん

  頭のアンテナがぴくっとうごく
  空が
  笑顔でいっぱいになる

  何かきっと
  いいことがあったんだ
            (『空への質問』「晴天」より)

posted by 高階杞一 at 11:39| Comment(0) | 作詞・作曲

2018年12月20日

附曲依頼

 このところ拙作に曲を付けたいという申し出が相次いでいます。二人の作曲家と音楽出版社から1件。ありがたいことです。
 附曲の対象はほとんどが詩集『空への質問』に収めた詩ですが、珍しいところでは『夜にいっぱいやってくる』のあとがきに曲を付けたいという依頼もありました。このあとがきは行分け詩のような形で書いたものですが、本人にはもちろん「詩」という認識がないので、驚いています。ハルキ文庫に「詩」として収録されているので、それに目を留められたのかもしれません。
 音楽出版社からの依頼は、新作合唱曲の発表会用のもの。各種合唱コンクールの自由課題曲に使われることを目指して毎年行われているイベントのようです。詳細はこちら。↓

 https://www.kyogei.co.jp/Portals/0/spring-seminar/

 さて、どんな曲が付くのか楽しみです。

 昨日、飲み会のために梅田に出たら、街のあちらこちらにイルミネーションが輝き、とてもきれいでした。クリスマスまであと5日。
 今日はこの後、こどもが大好きだったミニカーのクリスマスプレゼントを持ってお墓参りに出かけます。雄介、喜んでくれるかな。

posted by 高階杞一 at 13:31| Comment(0) | 作詞・作曲

2018年08月14日

「きいちの音楽室」更新−「おもいでの夏」

 「きいちの音楽室」に自作「おもいでの夏」をアップしました。すでにユーチューブには自演版をアップしていますが、ここにはピアノ演奏版も載せています。ギターによる自演版とは違って、全体にテンポが速く、自演版より軽快な感じに仕上がっています。聴き比べていただければ幸いです。

 http://tkongaku.sblo.jp/

 お盆のまっただ中ですが、どこへ行くこともなく、家で本を読んだりしながら過ごしています。
 家人は昨日、中学の同窓会とかで、実家のある岡山へ1泊旅行。こちらは久し振りに羽を伸ばして……、いやいや羽を伸ばすヒマもなく、ワンコたちの世話をしたり、ご飯の用意をしたりして、慌ただしく1日が過ぎていきました。

posted by 高階杞一 at 12:52| Comment(0) | 作詞・作曲

2018年07月22日

YouTubeに自作をアップ−「おもいでの海」

 YouTubeに自作の3曲目をアップしました。タイトルは「おもいでの海」。既に3月には動画を作成していたのですが、夏になるのを待って公開を控えていました。ほんとうはもう少し早く公開する予定でしたが、いろいろとあってやっと今日の公開になりました。
 1976年8月、職場の同僚たちと泊まりがけで海水浴に行ったときに作った曲で、そのとき出会った女子高生たちとのささいな出来事が元になっています。
 歌の中にセリフが出てきます。今聴くと、かなりくさいセリフですが、当時はこんなセリフ入りの歌がたくさんありました。それらに影響されてセリフを入れたようです。
 演奏は生ギター1本。といっても3回ぐらいダビングしています。歌はともかく演奏自体はかなりきれいに仕上がったのではないかと思っています。
 YouTubeのコメント欄にはこの曲のできたときの背景なども記しています。併せてお読みいただければ幸いです。

 「おもいでの海」 https://www.youtube.com/watch?v=nnMmCIOwSvM

786f977549fc19f40f43bb1976abd8fa_m (1280x853).jpg

posted by 高階杞一 at 11:13| Comment(0) | 作詞・作曲

2018年05月25日

レコード『白い午後』

 先日、僕の昔出したレコードを入手したいという申し出がメールでありました。何とも奇特な人だと感激したのですが、人様にお聴かせできるようなものではありませんと丁重にお断りしました。
 1976年の年初から制作にかかり、その年の12月に完成。タイトルは『白い午後』。全15曲入り。
 それまでやってきた作詞・作曲から別れを告げる記念にと200枚ほど作り、周囲の知人に配ったり、買ってもらったりしてほとんどなくなりました。
 当時住んでいたアパートの1室で、2台のテープレコーダーを駆使して、何度もダビングを重ねながら作ったもので、歌も演奏も音もひどく、上に書いたように決して謙遜ではなく、とても人様にお聴かせできるようなものではありません。当時は厚顔無恥で職場の仲間や知人に買ってもらったりもしましたが、彼らもずいぶん迷惑だったのではないかと思います。
 もしこのレコードに今価値があるとしたら、若い頃の写真が載ったジャケットぐらいかもしれません。当時のフォークシンガーのように髪を伸ばし、ずいぶん気取った姿で写っています。価値どころか、笑えるだけかもしれませんが。恥を忍んでここに公開します。
 なお、レコードの中の多少聴くに堪えると思えるものは、「きいちの音楽室」というブログで公開しています。またユーチューブでも何曲か公開しています。そちらでお聴きいただければ幸いです。

 「きいちの音楽室」 http://tkongaku.sblo.jp/
 ユーチューブ https://www.youtube.com/results?search_query=%E9%AB%98%E9%9A%8E%E6%9D%9E%E4%B8%80

レコード「白い午後」ジャケット(ブログ用).JPG

posted by 高階杞一 at 12:37| Comment(0) | 作詞・作曲